トップニュース

日本とアメリカ、尖閣防衛のための共同訓練の実施

日経は、米国と日本政府が東シナ海の尖閣諸島を保護することができる能力を高めるために大規模な合同訓練を実施するための議論を開始したと発表した。

計画に基づいて地面、海上、航空自衛隊は、中国がDiaoyuと主張する日本が管理するSenkakusを守るための訓練に米海兵隊と空軍に参加することです。

キシ信夫国防部長官は、金曜日に放映されたフジTV番組での共同訓練が必要だと強調しました。

「私たちは、共同訓練を通じて、私たちの能力を向上させ、私たちの存在を証明する必要があります。」と彼は言いました。

中国は今年2月の沿岸警備隊が外国船舶に射撃できるようにする方法を採用しました。 それ以来、中国沿岸警備隊は、島の近くの日本海域で繰り返し航海しました。 東京は、中国が東シナ海の現状維持のための努力を強化することを懸念しています。

この訓練は、アンソニーブルリンケン米国務長官とロイドオースティン米国防長官が火曜日東京で開かれた「2 + 2」会談で、日本のモテ期トシみつと岸を必ずは地域で訓練を実施する計画を確認した後出てきた。

会談が終わった後、ブロックリンケンは、中国が「国内でより抑圧的に、海外でより積極的に行動している」と尖閣島と台湾の近くで、中国の海上拡張を非難した。

READ  東京都新型コロナ最多の602人の感染確認は初めてで600人以上の - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close