技術

日本とアメリカ、新興技術、気候およびCOVID-19に焦点を当てたワーキンググループの構成

日本と米国は4月に予定さ両者の首脳会談で、3つの実務グループを構成する予定であり、グループは、量子経済協力、日本政府と新興技術、気候変動とCOVID-19の措置の分野を包括するものと予想されます。 消息筋が語った。

この分野は、すべてジョーバイデン米国大統領の政権がますます重要にここ政策課題と密接に関連しており、日本 – 米関係をさらに強化するために、彼らの設立が検討されていると消息筋は金曜日発表した。

菅義偉首相は4月8日から10日まで米国を訪問する予定だ。

彼は4月9日、バイデンを直接会って、外国人のリーダーになるだろう。 このセッションでは、4月22日に予定さ主要排出国の指導者との間の気候変動に関する米国主催の会議に先立って行われます。

ジョーバイデン| AFP-JIJI

シュガーは木曜日の記者会見で、バイデンとの出会いが「韓米同盟がさらに強化されることを望む」と語った。

「日中関係、気候変動、コロナウイルスについて率直に議論したいと思います。

バイデン政権は、中国の増加する主張に対応して、日本とインドの – 太平洋地域の他の国々との関係を強化するために動いています。

安全なサプライチェーンの構築を構想している彼の政権は、半導体などの主要製品の流通網と5G超高速通信網では、中国を排除することを目的としています。

ワシントンは環太平洋パートナーシップ自由貿易協定に復帰することには慎重を期すため、この地域で経済的な地位を高めることが難しいことがわかりました。

これを考慮して、日本は、米国と協力して協力を強化する方法を検討するとの情報源によると。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  ソニー、360 Reality Audioスピーカーと互換性のある二つの新しいスピーカーを発表

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close