日本とアメリカの指導者たちは、中国の負傷の中で国防関係を強化すると約束した。

Estimated read time 0 min read

岸田文夫日本首相とジョーバイデン米大統領は、水曜日、インド太平洋地域で中国の軍事力強化を念頭に、両国が国防協力を強化することに合意すると予想される。

日本首相としては、9年ぶりに初めて岸田首相の米国国連訪問中に開かれた首脳会談で、両首脳は、中国地域問題に対応するため、半導体やその他重要製品のサプライチェーンを強化するために協力することに合意する可能性も高い。 経済的影響力。

日本政府関係者は、岸田首相がバイデンに両国同盟の重要性を再確認する一方で、世界的に地政学的緊張が高まっている中で、日本とワシントンの間に「グローバルパートナーシップ」を提示しようと努力することが確実だと述べた。

結合された写真は岸田文夫日本首相(左)(刑務所)とジョーバイデンアメリカ大統領(ゲッティ/刑務所)

首脳会談に先立ち、ホワイトハウスでは歓迎式が開かれる予定だ。 岸田とバイデンは会談後、大統領公式晩餐に先立ち共同記者会見を開き、結果声明を発表する予定だ。

安全保障分野では、岸田とバイデンが中国と北朝鮮の脅威が高まるにつれて、米軍と日本の自衛隊との間のより緊密な協力を確認することが期待されると管理者は述べた。

日本は2025年3月末までに陸・海・空軍を指揮する合同司令部を設立する予定だ。 米国はこれに合わせて日本駐在司令部の機能を強化する予定だと関係者らは明らかにした。

岸田とバイデンはまた、米国と日本の数十年の同盟がインド太平洋地域の安定を支える新たな段階に入るように、核心防衛機器を共同開発するための道を拭くことに同意するだろうと米国の上級外交官言いました。

一方、首脳らは、日本の民間企業が米海軍戦艦の大々的な修理を遂行できるようにフレームワークを作って、その船舶がメンテナンスのために本国に戻らずにさらに長く運用できるようにすることを約束したと関係者は話した。

日本と米国は近いうちに国防長官と外務長官が参加する2+2会談を通じて首脳会談合意の細部を具体化する可能性が高いと関係者らは述べた。

岸田とバイデンはまた、米国が権威主義国家の「経済的降圧」と呼ぶ措置によって、一部の民主主義国家が否定的な影響を受ける中でサプライチェーンを強化するという約束をする準備ができていると管理者らは述べた。

宇宙分野で岸田とバイデンは、米国が主導する月探査アルテミスプログラムに関する共同目標に同意する予定だ。 このプログラムを通じてアメリカ人ではない人としては初めて月に旅行する日本宇宙飛行士が二人以上出てくることができるという。

READ  ユン委員長、「韓・中・日」フレーズの並べ替え
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours