トップニュース

日本とアメリカの最高幹部がハワイで出会い

日本の自衛隊と米軍の最高将校は東シナ海で現状維持を変えようとする試みに対して堅固に立つことに同意しました。

日本の自衛隊参謀総長である山崎浩二将軍は金曜日、ハワイで米国合同参謀総長マークミリ将軍と会話を交わした。 彼らは、米国、インド – 太平洋司令部の命令を変更式に出席するために参加しました。

日本の国防部は山崎とミリが、中国が立地を増やしているインドの – 太平洋地域の状況を議論したました。

国防部は、東シナ海の尖閣諸島の防衛を含む日米安保条約に基づく日本の防衛のために、米国の確固たる意志を再確認したました。

日本は島を支配します。 中国と台湾がこれを主張します。

日本政府は、この島が歴史と国際法の観点から、日本の領土のユニークな部分だと主張しています。 彼らはそれらについて解決すべき主権の問題がないと言います。

中国政府の船舶は、島の周りの日本の領海に繰り返し進入しました。

山崎、ミリは、韓国側は木曜日、北朝鮮の核と弾道ミサイルプログラムに対処するために緊密に協力することで合意しました。

READ  「iOS 14.2.1」配信開始iPhone 12 ProでApple ProRAWでの撮影が可能! - ASCII.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close