日本とアメリカへのフィリピンファン熱風、PHチームなしにもかかわらずVNL開催を正当化

1 min read

AIが作成した要約なので、エラーがある可能性があります。 文脈については、常に記事全体をご覧ください。

情熱的なフィリピンのファンは、バレーボールネイションズリーグが再び国内に戻らなければならない理由をいくつか紹介します。 日本とアメリカのブロックバスター決闘には12,000人を超える観客が集まり、一週間大成功を収めました。

マニラ、フィリピン – 過去数年間、フィリピンでバレーボールのサポートが爆発的に増加したという話が何度も聞こえてきました。

UAAPであれPVLであれ、ファンは過去数年間には見られなかった方法で、メトロマニラの内外の会場に集まりました。

これはフィリピンが3回連続開催した2024年男子バレーボールネーションスリーグ(VNL)で世界最高の8カ国代表チームが参加し、再び立証された。

3回もマニラを訪れた日本とデビューしたアメリカが旗ですべての選手団は約P2,000からP8,000に販売される良い座席チケットにもかかわらず実質的に一貫した支援を受けました。

火のようなミドルブロッカーTaylor Averillは次のように叫びます。マハルコカヨ! (「私たちはみんな大好きです!」)」を背景に何度も、アメリカのリベロエリック・ショッジは、以前の多くの選手のようにモール・オブ・アジア・アリーナに集まったフィリピンのファンへの愛を再び告白し、ファンの中で一生懸命待っている。いました。 ジョン。

「久しぶりにVNLで経験した最高の経験だと思います。 どうやら今日は勝ちたかったのですが、観客は本当にすごかったです。 ご覧のとおり、両チームとも奇妙な試合でしたが、日本は私たちよりも少し良かったです。」 6月23日日曜日、19日。

オリンピックに出場する両方の選手団は、選抜ラインナップ全体をベンチに座ってやや萎縮したが、12,424人のファンは依然としてMall of Asia Arenaをいっぱい埋め、両チームのベンチ選手たちを心から応援した。

これは、11,000人を超えるファンが日本チームが死で起こり、VNLプレイオフ競争で17-25、19-25、25-16を維持するためにフランスを5セット逆掃引する姿を見守った後です。 、25-23、15-10、6月22日土曜日。

日本は今、6月27日木曜日からウチで開催国ポーランドと共にオリンピックチャンピオンフランス、スロベニア、イタリア、カナダ、ブラジル、アルゼンチンを守るノックアウトプレイオフを控えています。 – ラプラドットコム

READ  レイカーズのオースティン・リーブス、FIBAワールドカップでアメリカ代表チームにプレー
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours