スポーツ

日本とインドネシア、ミャンマーの状況を改善しようと

日本の外相茂木豊島みつ(Toshimitsu Motegi)、日本外相は、インドネシア側との会談で、ミャンマーの民主化デモへの弾圧が拡大していると非難した。

モテ期は、ミャンマーの民間人のデモ隊の軍事弾圧が増加していることを「強く批判」し、これに対応するための東南アジア諸国連合の努力を歓迎した彼の大臣は声明を通じて明らかにした。

2月1日の軍事クーデター以降、ミャンマーの状況を2回電話で議論したモテ機と、イ​​ンドネシア外相レットノマルスディは月曜日現地の状況を改善するために緊密に協力することで合意したと発表した。

最近、軍政府の暴力取り締まりが拡大しています。 土曜日のみの治安部隊によって複数人の子どもを含めて、少なくとも114人が死亡しました。 この料金所は、国連人権専門家にとって「大量殺人」を犯した政権を非難し、これを防ぐための十分な措置を取らなかった、国際社会を批判するようにした。

日本はミャンマー制裁を加えるために、米国およびその他の西側諸国に加入していなかったが、靴のデモを強化しました。

加藤甲信閣僚は、日本政府が「状況を静め、民主主義体制を回復するために効果的な措置」を研究すると発表した。

二外相は火曜日、東京で開催される「2 + 1」安保協議のため、両国の国防長官と合流する予定だ。

彼らはまた、中国が東シナ海太陽南シナ海で現状維持を変えようとする試みに対して「深刻な懸念」を表明したと述べた。

東シナ海諸島を置いて、中国との領土紛争をしている日本は、中国を安全保障の脅威に見インドネシアとの軍事協力強化と武器や技術移転協定の締結を議論している。

READ  [秋華賞]あるリング戦術杉山牧師」ドアを5分に出てさえ与えれば力は出せ」/共同会見|競馬ニュース - netkeiba.com

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close