トップニュース

日本とインドネシア、3月30日2-plus-2安全保障協議開催

日本とインドネシアの外相と国防長官が来週、東京で会談を持っていること、日本政府は金曜日発表した。 日本政府は、日本がこの地域では、中国の影響力に対抗するために、東南アジア諸国との緊密な関係を結ぶことを希望していると明らかにした。

火曜日の会議の焦点は、日本が国内で生産された防衛機器を東南アジア諸国に輸出できるようにする協定の合意に向けて進展することができるかのだろうと関係者は語った。

茂木豊島みつ、日本の外相とキシ信夫国防長官、レトロノマルスディ、インドネシア外相、プラボボことビャト国防長官が参加する、いわゆる「ツープラスツー」会談は2015年12月以降、二回目だ。

日本が自由で開放されたインドの – 太平洋地域を実現するために、中国が海上との領土紛争で自分の主張を高めているので、4つの相が議論する問題は、海上安全保障協力が含まれると思われる。

国連安全保障理事会決議を明確に違反した北朝鮮の弾道ミサイル発射の後、東京とジャカルタは脅威の武器とみなされる、北朝鮮がそのようなミサイルをテストすることを禁止する国連の決定を履行することの重要性を共有することを管理は言った。

READ  日本の最新の国、北京の南シナ海主張に競争| お

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close