経済

日本とシンガポール、アジアで脱炭消化投資推進

東京 – 日本とシンガポールは、再生可能な容量のインストールで石炭を天然ガスに代わるような、より過渡期に至るまで脱炭消化努力への投資を促進するために協力することです。

日本の産業部長官の梶山浩とシンガポールの間金庸のスポークスマンは、最近の会議で脱炭消化プロジェクトのための資金確保のために、各省庁の協力を強化するために、エネルギー転換のための対話を設定することで合意しました。

化石燃料からの突然の転換のような劇的な変化は、アジアの新興経済を脱線させることができます。 日本とシンガポールは、投資家が、石炭発電であまり炭素集約的な液化天然ガスの転換のような段階的な努力にも関心を持つようにしています。

先月、日本経済産業省、環境省と財務省と協力して作成された気候変動、金融の基本指針を発表した。 このガイドラインに沿って、文部科学省は、脱炭消化計画を明確にしている企業が金融より簡単にアクセスできるようにしようとします。 これは、シンガポールの企業と共有する予定です。

一方、シンガポールは、投資家が環境活動を識別することができるように、いわゆる分類体系を作成しています。 持続可能な活動は、緑、切り替え活動は黄色、炭素集約的な活動は、赤です。 日本はまた、このフレームワークをトリミングするには、シンガポールと協力することができます。

READ  日本と「グローバル英本国 ":太平洋横断パートナーシップ拡大

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close