日本とドイツ、買収・交差サービス協定に基づき協力することで合意

Estimated read time 1 min read

日本とドイツは、日本の自衛隊とドイツ軍との間の安全保障協力を強化するために、取得およびクロスサービス協定(ACSA)を締結することに事実上合意しました。

今回の協定で、日本自衛隊とドイツ軍は訓練中や大規模災害発生時の食糧、燃料、弾薬などの補給品はもちろん輸送やその他のサービスを相互に提供できるようになった。

岸田文夫(Kishida Fumio)日本首相とオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)ドイツ首相は、COP28会議の期間中、アラブ首長国連邦で会ってACSA締結合意に到達する計画だった。
しかし、ドイツ側の不便で会談が取り消されると、代わりに書面合意書を発表した。

両国政府はACSA正式署名のための準備を進める予定だ。

日本は米国、オーストラリア、インド、その他3カ国と同様の協定を締結しました。

READ  オリンピック:日本人のほぼ60%が森が2020東京のシニアの役割に適していないと思います。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours