トップニュース

日本とフィリピンで発見された3種の新しい淡水マンヅンオ

(左)日本で唯一知られているLentipes armatusのオス。 (右)沖縄の河川で観察される新種Lentipes kijimunaのオス。 この種は、Marine Eco-Evo-Devo Unitのスタッフ科学者であるKen Maeda博士の新しい研究で説明された。 クレジット:前田健

日本とフィリピンの生物学チームがLentipes属に属する3種の新しいマンヅンオを確認しました。 彼らは今日のジャーナルに発表された研究に記載されています。 システムおよび生物多様性


新しい種のいずれかは、フィリピンパラワン島で発見されたラテン語の学名Lentipes palawanirufusが与えられた。 この名前は、「パラワンの赤いLentipes goby “に翻訳されます。 他の2つの新しい種は、日本の亜熱帯の島、沖縄で発見されLentipes kijimunaとLentipes bunagayaと命名された。

研究の第1著者であるマリンエコ – エボ – デボ(Marine Eco-Evo-Devo)の従業員の科学者である前田健(Ken Maeda)博士は、「名前は、一般的に赤い髪や肌を持つこと描写されている沖縄の民俗神話の首新人パッケージ大根と部いくからインスピレーションを受けてい」と言いました。 沖縄科学技術大学院大学(OIST)のユニット。 「名前を冠したように、この二つの種は、体に赤い模様があります。 “

Lentipes kijimunaは2005年Maeda博士が博士号のために現場調査をしていたの不慣れな生じたオス節目の魚を発見したときに最初に発見された種です。 琉球大学で。

前田博士は「燃え赤毛と下半身に驚いた。形は、これまで日本で唯一知られているレンチピース種と似ていましたが、色のパターンが完全に異なっていた」と回想した。

この映画は、マリンエコ – エボ – デボユニット(Marine Eco-Evo-Devo Unit)のスタッフ科学者である前田健(Ken Maeda)博士の研究で節目(Lentipes armatus)と独特の色を持った類似の魚を後で新しい種Lentipes kijimunaに説明することを示しています。 Gobiesは淡水小川に住んで繁殖し、一般的に鳥を食べる床の居住者です。 その骨盤フィンは一緒に融合されて吸引カップを形成して川の流れについて所定の位置にとどまることができます。 クレジット:前田健

色のパターンは、容易に観察することができる特性であるが、体色と種間の関係は明確ではありません。 どのような場合には、二つの異なる魚種が色のパターンが同じに見えますが、他の場合には、同じ種の魚類が色のパターンに多くのバリエーションを示すことができ、各バリエーションを色モーフと呼ばれます。

この魚がLentipes armatusの珍しい変種のか、それとも全く新しい種であることを把握するために、研究者はDNAを広範囲に調査する必要がしました。 しかし、最初に、より多くの標本が必要でした。

OISTの研究者に参加した2010年になってMaeda博士は、沖縄でのような独特の赤い色がかった3匹のオスの魚をより発見し、後で研究のためにそれらのいずれかを収集しました。 そして、2012年に彼は別の発見をしました。 第二の変色であり、男性でもあります。 これは、下半身に2つの赤のバンドがあります。

その後、OISTと西フィリピン大学の共同プロジェクトで、2015年から2018年までパラワンの淡水魚の調査でMaeda氏は明るい赤髪と赤茶色の下半身の第三の変化を示す雄を発見した。 。

日本とフィリピンで発見された3種の新しい淡水マンヅンオ

左)沖縄の河川で観察される新種Lentipes bunagayaのオス。 (右)、フィリピンパラワン市内で発見された新種Lentipes palawanirufusのオス。 この種は、Marine Eco-Evo-Devo Unitのスタッフ科学者であるKen Maeda博士の新しい研究で説明された。 クレジット:前田健

最終的に十分なサンプルを収集した後、Dr. Maedaと彼の同僚は、異なるパターンの魚との間の進化的関係を解明しました。 まず、ミトコンドリアのすべてのDNAを分析し、核を含む完全なゲノムの特定の場所を調査しました。

研究者は、ミトコンドリアのDNAの違いがないことを発見しましたが、全ゲノムにわたるDNAの小さな変化が魚を色パターンに応じて、4つの別個の種に分離することを発見した。

「私たちは、この魚が最近ガラたにちがいないと思いますので、ミトコンドリアの遺伝子が突然変異を起こすに十分な時間がありませんでした」とPh.D.のMr. Hirozumi Kobayashiが言いました。 指導教授である山ヒラ和典教授と一緒に核DNAを分析した琉球大学の学生。

Maeda博士はまた、魚が世界的に知られている19種のLentipesと体の形と色のパターンが異なって見えることを確認した。 したがって、チームはL. kijimuna、L. bunagayaとL. palawanirufusの3つの新しい種を報告した。

日本とフィリピンで発見された3種の新しい淡水マンヅンオ

全ゲノムにわたる小さな変化を観察するDNAの分析はLentipes gobiesをオスの色のパターンに対応する4つの血統に分類しました。 満たされていないグレーの外観は、その種の雌を表します。 オスとは異なり、女性は灰色がかった色のパターンで種に関係なく、すべて同じように見えました。 この分析は、Marine Eco-Evo-Devo Unitのスタッフ科学者であるKen Maeda博士の新しい研究の一環として行われました。 クレジット:OIST

研究者は、Lentipeオスのさまざまな色のパターンが、別の血統を維持するために重要な役割をすると考えています。 研究チームは、求愛期間中に雄がいつもより鮮やかな色を見せ、雌に近づくときに、特定の色のパターンを強調する特別な行動を見せた報告した。 科学者たちは、雌が他の種の雄を、他の色のパターンで受け入れられないことがあると提案したが、これを確認するためには、さらなる研究が必要です。

科学者たちはまた、東南アジア地域の他の島でLentipes kijimunaとL. bunagayaの標本を、より多くの検索を希望しています。 Lentipes成虫は小さな淡水小川に住んで繁殖が幼虫は下流に海に運ばれて海流によって、他の人里離れた島に移動することができます。

日本とフィリピンで発見された3種の新しい淡水マンヅンオ

沖縄の河川で観察されたLentipes armatusの求愛行動。 オス(右)が雌(左)に鮮やかな色を表示します。 この求愛行動はMarine Eco-Evo-Devo Unitのスタッフ科学者であるKen Maeda博士の新しい研究で報告された。 クレジット:前田健

前田博士は「レンタイプパッケージ大根とエル。部いくには、沖縄ではほとんど見ることができない」と説明した。 「私たちはここで出会ったこの種が東南アジアの他の場所で生まれユチュンイルとき沖縄に移したと思います。」

より集中的な進化の研究と節目の起源と地理的分布を発見することは幼虫がどのように分散されるかの光を照らすのに役立つことができます。 また、雌の選択が、この種が異なる血統を維持して異種交配されていない方法での同人のいずれかであることを確認するために役立つことができます。 幼虫の分散は、一般的に、他の個体群の個体が互いに繁殖することができますので、新しい種の形成を防止します。 しかしLentipes gobiesは、実際に高レベルの種の多様性を保持しているので、このような傾向を拒否します。

Maeda博士は「この論文は、このLentipes gobiesの謎を明らかにすることができますが、まだ明らかにすことが多すぎます。」と言いました。


神秘的な迷路を作成する:動物がどのように複雑な色彩を帯びるようにされた


追加情報:
Ken Maeda et al、両生類gobyのカラーバリエーションは、他の種を示しますか? 日本とフィリピンのパラワンのレンチフェス(Gobiiformes)分類学、系統学的アプローチ システムおよび生物多様性 (2021)。 DOI:10.1080 / 14772000.2021.1971792

沖縄科学技術研究所提供

召喚日本とフィリピンで3種の新淡水と空(2021、10月5日)がhttps://phys.org/news/2021-10-species-freshwater-goby-fish-japan.htmlで2021年10月5日に検索されまし

この記事は、著作権の保護を受けます。 私的研究や研究を目的とする公正な取引を除いては、書面による許可なしにいかなる部分も複製することはできません。 コンテンツは、情報提供の目的でのみ提供しています。

READ  日本初のプロ女子サッカーリーグ開幕

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close