トップニュース

日本と中国、1年以上の食品輸入禁止の議論

中国の日本食品輸入禁止をめぐる日本と中国の会談が1年以上開かれなかったと両国関係に精通した消息筋が最近、交道通信に語った。

消息筋は、消息筋によると、両国関係が悪化した中で、日本の会談再開要請に中国が応答しないため、禁止措置がいつ解除されるか不確実であり、デッドロックが中国の主要太平洋自由貿易協定(FTA)加入議論に影響を及ぼす可能性がある。あると言った。

2011年の福島原発事故の後、北京は放射能汚染の危険性を理由に福島および他の多くの県からの食品の輸入を禁止しました。 日本は中国に禁止解除を議論するために設立した第3パネル会議を開催することを中国に要請したと消息筋が伝えた。

日本は中国市場で日本食品の販売拡大を目指し、米国と対立していた中国は日本との関係改善を希望し、両国外交長官は2020年11月にパネルを構成することで両国外交長官が合意した。

ファイル写真は2020年11月、東京でモテギ豊富日本外務相(前列右)が王が中国外交部長と会談する様子。 (刑務所)

消息筋によると、パネルの管理は2020年12月と2021年2月に仮想会議で会った。

しかし、中国は2021年11月、日本がパネル会談を要請したとき、パネル会談の開催に同意しなかった。 これは、日本がその年4月、福島の損傷した原子力発電所で処理された放射性水を海に放出することにした決定に対する明白な抗議だった。

今年2月、中国当局が違法情報収集の疑いで日本外交官を北京で一時的に拘禁し、両国関係はさらに悪化した。

中国は福島県と周辺8県のすべての食品と新潟県の米を除く食品の輸入を禁止した。

昨年9月、中国は公式に環太平洋経済連携協定として知られる包括的で漸進的な貿易協定に加入を申請した。

貿易協定は、加盟国が食品の輸入を不当に制限しないことを要求しています。 日本政府の消息筋は、輸入禁止問題が解決されない限り、日本で中国の協定加入に対する肯定的な雰囲気を作ることができないと述べた。

READ  日本、数十人の留学生入国許可

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close