トップニュース

日本と中国、8月4日外交長官対面会談

林義正(Yoshimasa Hayashi) 日本外務相と王毅中国外交長官は30日、カンボジアで開かれる東南アジア国連(ASEAN)首脳会議をきっかけに直接会談を行う予定だと政府消息筋が土曜日明らかにした。

日本の上級外交官は、中国海岸警備艦が東京が統制し、北京が領有権を主張する尖閣列島周辺の日本海域に繰り返し侵入することと、中国が日本海域で強化する軍事活動に対する懸念を表明すると予想される。

東シナ海にある無人島を中国ではおおおおおと言います。

9月29日、国交正常化50周年を控えて両国間の緊張が高まる中、2020年11月以降初めて日本と中国の外交長官が対面する対話だ。

消息筋によると、林はロシアのウクライナ侵攻を糾弾し、中国に責任ある行動を促すと予想される。 中国はモスクワと緊密な関係を維持しており、モスクワを非難することを控えています。

彼はまた、台湾海峡の平和と安定の重要性と北朝鮮の非核化のための国際協力の必要性を強調すると述べた。

林首相がカンボジアを訪問している間、朴ジン外交部長官と一対一会談を行う予定だ。 彼はまた、Antony Blinken米国国務長官とPenny Wongオーストラリアの外務大臣との第三者協議を持つことを検討しています。


関連する適用範囲:

アセアン、ミャンマー民主化指導者処刑糾弾

中国軍艦、日本支配尖閣付近でロシアのフリゲート追撃

日本、紛争海でガス開発に中国に懸念を表明


READ  日本のゴールデンウィーク連休が始まり、旅行者が電車と空港で混雑しています。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close