日本と中国がどのようにして12月の国債利回りを下げるのに役立ちましたか?

Estimated read time 1 min read

公開:2024年2月16日午前11時38分(ET)

米国政府の負債を保有している上位3つの外国人保有国(日本、中国、イギリス)は、2023年の最後の月に保有資産を増やし、第4四半期末の国債利回りを下げるのに役立った買い手の1人でした。 日本は保有資産を増やしました。 政府資料によると昨年12月、中国は1兆1380億ドルから8163億ドルに増え、英国は保有額を7537億ドルに増やした。 財務省は、12月に長期証券、短期証券、銀行フローのすべての純海外買収総額が1,398億ドルに達したと木曜日に述べた。 海外のバイヤーが足を運んだ。

米国政府の負債を保有している上位3つの外国人保有国(日本、中国、イギリス)は、2023年の最後の月に保有額を増やし、第4四半期末の国債利回りを下げるのに役立った買い手の1人でした。

昨年12月、日本は保有額を1兆1380億ドルに増やし、中国は8163億ドル、英国は7537億ドルに増えた。 政府データ。 長期証券、短期証券、銀行フローのすべての純海外買収総額は、12月に1,398億ドルでした。 財務省 木曜日に言った。

トレーダーは、インフレが2024年まで下落し続け、連邦関係者が金利を引き下げることができるという確信がますます大きくなっている間、外国人購入者はさらに一歩進んでいます。 国債利回りは、政策に敏感な2年満期BX:TMUBMUSD02Yが昨年3月以降最大の月間下落税を記録し、12月の1ヶ月間下落税を見せました。 四半期別にも収益率は2020年3月以降最大下落幅を記録した。

低い10年満期の国債利回りBX:TMUBMUSD10Yは米国経済のかなりの部分に資金を調達するためのペグで、1月の主要企業の記録的な企業借入攻勢を設定し、商業用不動産への融資を部分的に凍結するのに役立つされています。

JPMorgan Chase & Coチームによると

JPM


外国人投資家は昨年の最後の月に400億ドル規模の長期国債を純買収した。

READ  SoftBank、日本の個人にコロナウイルステストサービスを提供
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours