日本と中国がUAEラグビーチームの2024年パリ夏季オリンピック進出希望を挫折しました。

1 min read

UAE男子ラグビー代表チームが先週末、日本大阪で開かれたアジア予選でアジアゲームチャンピオン日本に敗れ、2024年パリ夏季オリンピックチケットを狙った希望は水泡になった。

UAEはシンガポールとタイを相手に圧倒的な勝利を収め、印象的な活躍を繰り広げたが、準決勝で中国に3-0で敗れ、日本に21-5で敗れた。

インドと韓国を総合的に破って初日、中国に敗れた日本はオリンピック出場権を確保した。

中国は3位決定戦でUAEを破って男子シングルス本選に合流することになった。

香港男子チームの最初のオリンピック出場権に向けた挑戦は終わらなかった。 準優勝チームと3位チームは2024年最終オリンピック予選トーナメントを通じてパリ出場券を予約する別の機会を得ることになります。

男子競技では、開催国フランス、ニュージーランド、アルゼンチン、フィジー、オーストラリア(2023ワールドラグビーセブンズシリーズを通じて)がウルグアイ(南米)、アイルランド(ヨーロッパ)、アメリカ(北米)地域優勝チーム6チームと共に出場券を予約しました。 )、ケニア(アフリカ)、サモア(オセアニア)、現在は日本です。

女子部ではニュージーランド、オーストラリア、アイルランド、アメリカ(ワールドシリーズ予選通過)と開催国フランス、ブラジル、カナダ、イギリス、南アフリカ共和国、フィジー、日本が合流しました。

アラブ首長国連邦チームのオリンピック旅行は、シンガポールに対して43-7で圧倒的な勝利を収め始めました。 しかし、最初の試合で間違った介入のために、チームは次の3つの試合でスターの一人である選手Emosiを失ったので、喜びの瞬間は心配していました。

アラブ首長国連邦の第2戦では、彼らはタイに対して47-0の圧倒的な勝利を収め、輝き続け、最高レベルで競争する準備ができていることを確認しました。

この結果、UAEはB組2位を占め、UAEラグビーチーム上級コーチ・ユーセフ・シェーカー(Captain Youssef Shaker)は選手たちの活躍に大きな誇りを示した。

2024パリオリンピック本選進出権はアジア大陸でたった1チームだけが直行し、予選2、3位は来年モナコで開かれるグローバルプレーオフに進出する。

著作権©2022 Khaleej Times。 すべての権利を保有。 SyndiGate Media Inc. 提供(Syndigate.info)。

READ  写真の中:日本グランプリの2日目
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours