経済

日本と中国の高位級人事が7時間会談を行った。

日本国家安保補佐官が中国最高外交官に会い、台湾とウクライナ戦争などをテーマに7時間会談したと日本政府関係者が木曜日明らかにした。

中国の招待を受け入れた武雄秋葉氏は、水曜日の午後、ヤンジェツに会うために北京南東部天津市を訪問したと関係者はAFPに語った。

中国官営の神話通信は、2人が授交50周年を記念する9月29日、数週間前に会ったと報じた。

アジアの2つの経済対国間の関係は常に友好的ではなく、展示史から領土紛争に至るまで、さまざまな問題に長い間苦しんでいます。

ここ数週間、日本は台湾周辺で軍事訓練をしながら中国のミサイルが経済水域に落ちたと考える中国ミサイルに抗議し、中国は議論の余地のある戦争神社参拝を「深刻な挑発」と非難しました。

しかし、晩餐を含む会議では、上級者はさまざまな地政学的問題について議論する機会がありました。

秋葉は両大臣に台湾に対する日本の立場を伝え、台湾海峡で「平和と安定」の重要性を強調したと国家安保事務局管理が語った。

二人の出会いは、ナンシー・フェロシ米下院議長が台湾を訪れてから2週間で開かれ、中国政府は中国政府が自分の領土とみなす自治島周辺で史上最大規模の軍事訓練を行ったことに対して激しい反応を触発しました。

日本の安保補佐官は、岸田文夫(Kishida Fumio)首相が最近、中国の軍事力を誇示したことを「糾弾し抗議」する言葉を繰り返したと述べた。

神話によると、YangはAkibaに「台湾は中国領土の譲渡できない部分であり、台湾問題は中日関係の政治的基盤と両国間の基本的な信頼と信義に基づいている」と述べた。

ヤンはまた、日本が「中国に対する正しい認識を形成」し、中国と協力して「両国関係をより成熟、安定、健康、強化することを促進する」と同時に、「内外の干渉を排除」するよう努力するよう求めた。

名前を明らかにしていない日本の管理者は、二人がロシアのウクライナと北朝鮮侵攻について議論し、アキアは平壌のミサイルと核兵器開発プログラムについて「深刻な懸念」を表明したと述べた。

シンファ通信は二人が「共同関心事である国際および地域問題について意見を交換した」と明らかにしたが、詳細は明らかにしなかった。

AkibaとYangはまた、東京では尖閣、北京ではDiaoyuとして知られている東シナ海の領有権紛争について、多年生の議論について話したと述べた。

日本は去る7月、中国海軍艦艇が島周辺を航海したことに対して中国に抗議した。

秋葉は独島に対する日本の立場と「中国の海上主張が大きくなっている」と話した。

READ  ジープ、ミリタリーテイストの「コマンダー」300台限定車「無制限・サージグリーン」 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close