トップニュース

日本と中国を紛争に陥れる小さな島、いくつかの – 太平洋

分析

日本と中国を紛争に陥れる小さな島、いくつかの

南シナ海は中国の領土主張が緊張を高めさせる、アジア海域の唯一の競技場がありません。

北東マイル離れた中国は東シナ海の無人島に対する日本の主張に対して、日本との紛争中です。 日本のSenkakusと中国のDiaoyus呼ばれます。 これは、米国が日本との安全保障条約によって島が保護されると言ったので、より広範な紛争の可能性を提起します。 東京と北京は、数十年の間に結合された表面積が約3平方マイルの島をめぐりており、ほぼ毎日の摩擦を起こしてより大きな対決がいつでも発生することができるという懸念を呼びました。

紛争の島はどこですか?

8つの主要な露出があるこの島は、台湾の北端から北東に約105マイル離れたところに位置しており、この島も、所有権を主張しているが、ほとんどの戦いから抜け出しました。 日本は沖縄県で最大の島である1.5平方マイルの島の一覧を表示して、1895年に国の領土に編入されたと言います。 北京は、日本の他の地域と一緒に返さなければならない歴史的領土の一部だと主張します。 第二次世界大戦後の植民地を保有。 日本外務省によると、日本の外務省によると、初期には200人の日本人が住んでいた干物を製造したり、鳥の羽を集めて販売しています。 今、人間がないところでは、塩素のみを目撃されます。

水に何がありますか?

この地域には、漁獲量が豊富だが、海底下にあるのがはるかに収益性があると思われます。 島への関心は、1968年に、潜在的な海底炭化水素埋蔵量を発見した後に増加しており、米国エネルギー情報局は、東シナ海の枝を中国と日本の内需需要を満たすのに役立つことができる豊富な天然ガス供給源で見ています。 当時の島を所有していた米国は、彼らが、日本の手に落ちることを許可しました。 当時、日本と米国との関係を回復するために動いていた中国は、この紛争が外交的抑圧を脱線させるように置かなかった。

これはどのように進行ましたか?

2012年当時、日本の首相である野田佳彦(Yoshihiko Noda)首相が、日本の個人所有者からいくつかの島を国有化することに決定した結果、紛争がさらに議論の余地があるレベルに上がっていきました。 中国では反日デモと不買運動が付きまとい、中国は海上パトロールを強化しました。 その後、日本は、中国が1年に数百件の侵攻を行って、定期的な海軍と空軍のラウンドで「強制的に現状維持」をしようとしていると非難しました。 7月にした報告書によると、日本軍はレーダーとパトロール能力をアップグレードして、250マイルが少し超える琉球諸島に対艦ミサイルユニットを建設しているそうです。

これ制御不能ですか?

いや、それは熱くなっている。 日本政府は昨年、中国船舶が島周辺の隣接地域に1,000人以上の侵攻をしたと非難したが、中国は、日本が不法侵入に対して反論しています。 両国は、定期的に外交デモを行ったが、両国は対立を管理するために努力してきました。 中国は米国との外交と貿易の戦いに直面している中で、他の大国との戦いを選択したくない。 東京はまた、最大の取引先との問題を起こしたくない。 それにもかかわらず、当時の日本の国防長官は昨年、中国大使に島の近くで軍事活動を停止するよう述べた。 これは、中国が数百人の漁業トロール漁船のオペレータにそれらの近くに行かないと言うことで、緊張を緩和させるように見えました。

米国は何を言うのですか?

ジョーバイデン(Joe Biden)は菅義偉首相に大統領に最初の電話をかけながら「日本の防衛のために確固たる意志」が尖閣島を覆っているという米国の立場を繰り返した。 昨年、日本軍司令官ケビン・シュナイダー中将は、情報、監視、偵察能力を日本に支援すると提案し、中国がこの地域の国々の海洋脅迫キャンペーンを非難しました。 ドナルド・トランプ前大統領のホワイトハウスのレポートによると、中国は、フィリピン、ベトナム、マレーシアなどの国と紛争中の南シナ海などの地域で「挑発的で強圧的な「軍事活動に参加していると明らかにした。

READ  氣志團・綾小路ショーが新型コロナウイルス感染 - ナタリー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close