エンターテインメント

日本と台湾、2011年の地震の10周年記念友好賛辞

台北、3月11日(CNA)日本と台湾はひどい東日本大震災10周年である木曜日に友情を賞賛しました。

2011年3月11日、規模9の地震が日本の北東部を襲って約16,000人の命を奪った津波が発生しました。

災害後の台湾は2億4,400万ドル以上の援助を受け、台湾は最大の財政支援者の一つとなった。

日本の – 台湾の交流協会(JTEA)台北事務所長宏保泉は、協会で開かれた監査と追悼行事で災害後の台湾の国民に感謝の意を表した。

JTEAは、両国間の公式の外交関係がないため、台湾に対する日本の利益を代弁します。

泉はまたJTEAが2021年の「日 – 台湾の友好の年」を指定して、災害に荒廃した日本地域の完全な回復のために台湾の国民に祈り続けすることを要請したと述べた。

友情の年を記念する活動は1月23日、台北101の象徴的な超高層ビルのLEDメッセージが表示されることが開始されました。

続いて水曜日火山文化公園で開幕した10年前の事件を記念する展示と木曜日台北やめ美術館で開幕した日本イラストレーター奈良美智の個展が続いた。

彼はまた、3月13日から14日まで台北で、台湾と日本のバンドが参加する音楽祭があると述べた。

事前録画されたビデオで大橋光雄JTEA会長は、日本がCOVID-19感染症に起因する新たな課題を克服するために、台湾と協力することを約束しました。

日本の-ROC国会議員協議会議長である古屋ケージ(Keiji Furuya)は、2011年の災害の犠牲者のための人道支援のほか、台湾は、その後、日本に医療用マスクと防護服を寄付したと語った。

古谷は「必要なときに、お互いに助けの手を貸すことは、日本と台湾の間の深い友情と相互信頼を示している」と述べた。

JTEAの対日関係協会(TJRA)会長のChiou I-jen(邱義仁)は、日本の災害被害者に秩序サポートが提供されている方法に深い印象を受けており、日本人が将来的に直面している姿を見て感動を受けた言いました。 笑顔。

彼は、台湾が日本を友達に與えされて幸運であり、今後も友情が続く成長すると信じていると述べた。

一方、差インウェン(蔡英文)大統領は木曜日Twitterを使って、台湾と日本の強い絆を賞賛し、両国が一緒に多くの困難を克服したと語った。

「災害被害者の魂のために祈る時、私たちは、コロナ19流行がすぐに真になって、東京オリンピックが成功的に開催され、台湾と日本の間の旅行が再開されることを願っています」と彼女は日本語で書いている。

ツイートには、日本と台湾が含まれたかも写真と「10年の間の相互支援」という語フレーズが付属していました。

ライチンテ(賴清德)副大統領は、Facebookの投稿から、台湾と日本が自然災害に脆弱であり、災害に見舞われるたびに、両国の国民がお互いを助けたと述べた。 彼は2016年に台湾南部地震発生後14時間以内に、日本の救助隊の派遣や救援物資の寄付を言及した。

彼は伝染病が両国間の移動が制限されているが、政府は、ウイルス情報の共有、ワクチン、医薬品開発や医療の専門家間の交流について緊密な協力を維持していると言及しました。

(ジョンユチョン、イエスのping、あるエマーソン)

最終的な項目/ AW

READ  錦戸亮ライブ生配信ではなかった!無観客どころか本人も不在| 女性自身

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close