日本と米国、極超音速武器共同開発の約束

1 min read

日本と米国は5月15日、中国とロシアが配置し、北朝鮮が開発中の極超音速ミサイルを迎撃できる次世代ミサイル防御体系である滑空偽装迎撃体(GPI)を共同開発することに合意した。

GPI協力開発プロジェクト協定は2023年8月、岸田文夫日本首相とジョーバイデン米大統領との間で初めて合意されたが、最新の合意は責任割り当てと意思決定過程を決定する重要なマイルストーンを表している。

日本の関係者は、政府が2025年3月までに国内産業請負業者を選定し、推進モーターなどのコアサブシステム用部品の開発を開始する計画だと明らかにした。 完全なGPIシステムは2030年代半ばに導入される予定です。

日本防衛省(JMOD)は声明を通じて「最近数年間、日本全域で極超音速武器などミサイル関連技術が劇的に向上した」と明らかにした。 「彼らに対する迎撃能力を強化することが緊急の問題です。」

JMODは、政府が迎撃体の初期開発とテストのために約4億9千万ドルの予算を策定したと述べた。 これには、GPIプログラムの最終勝者のための部品製造コストが含まれます。 米国の2社であるNorthrop GrummanとRTXの会社であるRaytheon Technologiesは、米国ミサイル防衛局の後援を受けて、これらの努力をリードするために競争しています。 (MDA)プロジェクトのために1人が選ばれます。

MDAによると、GPIプログラムは30億ドルを超えると予想されます。 日本はこの金額のうち10億ドル以上を支援すると予想されます。

米国国防部(DoD)は「GPI開発合意を推進することで、米国と日本は地域抑止力を強化するとともに、両国間の長いミサイル防御協力を強化する」と明らかにした。

日本と米国は、以前も同様の合意に従って、Raytheon Technologiesが製造しているSM-3 Block IIAミサイルを共同開発したことがあります。

寄稿者: Jr Ng

READ  G7、日本気候協議における化石燃料誓約への圧力に直面
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours