日本と韓国に注目する«Euro Weekly News

Estimated read time 1 min read

ムルシア企業部門が率いる地域代表団は、ムルシア地域が南欧で投資機会を模索するアジア企業に魅力的な場所であることを知らせるために、日本と韓国を訪れる商業使節団を始めた。 振興研究所(Info)を通じて経済、財政、ビジネス部が組織した今回の任務は、関係を発展させ、この地域を拡大しようとする日本と韓国企業のハブとして提示することを目指しています。

「Foodex」での外交的参加:ムルシアのアジア太平洋農食品ショーケース

アジア・太平洋地域最大の農食品博覧会である「Foodex」で外交・通商代表者と交流し、ムルシアの潜在力を披露し、日本とのビジネス関係を強化することが主な目標だ。

EU-韓国自由貿易協定:ムルシア事業の玄関口

局長は、日本の公共研究システムと技術開発の焦点を理解しようとする任務の目標を強調しながら、研究、革新、商業分野で協力を求めることが重要であることを強調した。 代表団はまた韓国の破壊的な技術発展について学び、地域企業の利益のためにEU-韓国自由貿易協定を活用して投資機会を模索しようとします。

もっとCosta Calidaニュースを見るにはここをクリックしてください。

時間をかけてこの記事を読んでくれてありがとう。 帰ってきてEuro Weekly Newsのウェブサイトで最新のローカルおよび国際ニュース記事をチェックすることを忘れないでください。 また、以下から私たちをフォローすることもできます。 Facebook そして インスタグラム

READ  歴史を作るJAXAのSLIM宇宙船:日本初の月着陸
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours