日本と韓国の財界指導者は、展示労働緊張後のリセットを求めています。

1 min read

東京、3月17日(ロイター) – 日本と韓国のトップ企業家が金曜日に東京で会い、展示強制労働に対する報酬に対する長年の緊張と辛さから抜け出すために、より大きな経済協力を誓いました。

日本経団連経済団体長と韓国経済人連合会(全経連)会員、ユン・ソクヨル韓国総裁が19日午前会動を行った。

ユン総裁は韓国大統領では12年ぶりに日本を初めて訪問する。 木曜日、ユンと岸田文夫日本首相は、両国の困難な共有の歴史についての長年の反論についてページをめくることを約束しました。

両国間の協力不足は、中国と北朝鮮に対抗する連合戦線を提示しようとする米国主導の努力を長く弱めてきた。

先週、政府は強制徴用労働者に対する企業の報酬計画を発表し、突破口の兆しが見られた。

両方のビジネスロビーは、「未来志向の」量子関係を目指す財団を設立することに合意しました。

杉山さとし、竹中清志取材David Dolan、Muralikumar Anantharaman、Gerry Doyleの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本で女性専用列車を通過した男性が反発を呼び起こした。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours