日本とNASA、歴史的な月探査RV旅行を一緒に計画

Estimated read time 1 min read

日本は、月探査船の指定席を見返りに米国に圧力式月探査船を提供すると提案した。 党 NASA両国は自分で取引をしました。

新しいによると 署名された契約 NASAと日本政府間の日本航空宇宙探査局(JAXA)は、有人旅行と無人月間旅行の両方のためのシール車を「設計、開発、運営」する予定です。 その後、NASAは発射と配送を監督し、日本の宇宙飛行士は車両に乗って2つの表面探査ミッションに参加します。

[ Related: SLIM lives! Japan’s upside-down lander is online after a brutal lunar night ]

「移動生息地」

日本の加圧式RVは月探査において重要な進展を遂げます。 によると スペースドットコム日本は、この数年間、トヨタと三菱重工業とともに、これらの車両の開発に取り組んできました。 トヨタ、初期仕様を提示 長さがほぼ20フィート、幅が17フィート、高さが12.5フィートに達する昨年RVの場合、この探査船のサイズは並んで駐車されたミニバス2台ほど大きくなるでしょう。 客室自体は2人の宇宙飛行士に「快適な宿泊施設」を提供しますが、緊急事態が発生した場合、4人がきつく入ることができるようです。

全国を巡航するRVと同様に、ローバーは一度に最大30日間住民に必要なすべてを提供する予定です。 宇宙飛行士は内部にいる間、かさばり、スタイリッシュな服を脱いで正常に移動することができます。 地球と同様に、重力は約16.6%に過ぎませんが、馬です。 先週、NASAは、新しいArtemis LTV(Lunar Terrain Vehicle)の検索範囲を3社に絞ったと発表したが、日本の車両とは異なり、その会社は圧力を受けないだろう。

[Related: It’s on! Three finalists will design a lunar rover for Artemis ]

NASAのマネージャーNelsonは「リムーバブルな生息地です」と言いました。 昨日の記者会見 森山大臣とともに「月の研究室、月の家、月の探検家…宇宙飛行士が暮らして働き、月の表面を探索できる場所」と説明しました。

READ  日本の海岸で強い地震が発生し、停電触発
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours