経済

日本における心筋炎による心因性ショックのあるインペラ支持患者に対する多施設、多社会研究、77%の30日生存達成

ボストン–(ビジネスワイヤー)–アビオメド (ABMD)は、日本の109病院で治療を受けたすべてのインペラ支援患者に対する3年間の調査者主導研究の結果、心筋炎による心因性ショック患者の30日生存率が77%であることを発表しました。 この研究は2020年の中間分析の更新であり、で発表されました。 2022 Transcatheter Cardiovascular Therapeutics(TCT)カンファレンス ボストンで。

この分析は、インペラサポートまたはインペラ+ VA ECMOサポート(ECpella)を受けた心筋炎による心因性ショック患者143人を調査しました。 これらの患者は以下の項目に含まれる。 J-PVADレジストリ、日本流通学会(JCS)を含む10の日本専門学会で実施するレジストリ。 結果は、これらの患者の30日間の生存率が77%であることを示した。 VA ECMOサポートのみを受けた心筋炎患者の以前の分析は、30日目の生存率が48%であることを示しました(心臓および肺移植ジャーナル2021).

これらの知見は、心臓移植の限られた数を考慮する際に重要な考慮事項であるインペラの使用によって心筋炎患者の固有の心臓回復を増加させる可能性をさらに示している。 大阪大学大学院医科大学外科。

心筋炎は、しばしばウイルス感染によって引き起こされる心筋の炎症です。 この炎症は心臓の電気システムに影響を与え、筋肉を肥大させる可能性があります。 結局、これは心不全につながる可能性があります。

によると 米国疾病管理予防センター (CDC)報告書によると、COVID-19感染症の開始後、心筋炎の割合は100,000人あたり10人未満から100,000人あたり約146人に増加しました。 同報告書によると、COVID-19に罹患した患者は、COVID-19にかかっていない患者と比較して心筋炎の発症リスクがほぼ16倍に達した。

心筋炎はCOVID-19時代に増加する感染症です。 テキサス州サンアントニオにあるMethodist Healthcareの心血管外科医であるMasahiro Onoは、この研究のデータが、この非常に病気の患者集団で患者の結果を改善するためのImpellaサポートの可能性を示しているのを見るのは興味深いものです。

2020年8月、 米国FDA緊急使用承認(EUA)発表 左インペラ心臓ポンプは、ECMO治療を受け、肺浮腫または心筋炎を発症するCOVID-19患者に左心室の下降とサポートを提供します。

2022年1月、夫であり、3人の子供の父親であり、ARのConwayの営業担当者である31歳のBobby Goinesは、COVID-19による心筋炎の診断を受け、心因性ショック状態にありました。 CHI St. Vincentでは、Thurston Bauer博士はBobbyの心臓を支え、休息させるためにImpella 5.5にSmartAssistを移植しました。 Bobbyが部隊を歩き回り、状態が改善した8日間の支援の後、Impellaは搾乳して取り除かれました。 Bobbyは通常の心機能を持って家に帰り、今仕事に戻り、家族と一緒に時間を過ごしています。 Bobbyの心臓回復の話についてもっと学ぶことができます。 ここ

IMPELLAハートポンプ情報

Impella 2.5, Impella CP®, Impella CP with SmartAssist, Impella 5.0®, Impella LD®, Impella 5.5® with SmartAssist®は、心臓発作または心筋症患者を心因性ショックで治療するための米国FDA承認を受けており、独自の心臓回復機能を持っています。 、患者は自分の心で家に戻ることができます。

インペラ左心室(LV)サポートシステムはまた、臨時(Impella 2.5、Impella CP、およびSmartAssistを含むImpella CPの場合は4日以下、Impella 5.0およびImpella 5.5の場合は14日以下)を提供するために病院環境でHCPが緊急使用が承認されました。 SmartAssistを含む)LV荷役およびECMO治療を受けており、VA ECMO支援を受けている間に肺浮腫が発生した場合、またはVV ECMO支援を受けている間に心筋炎による後期心臓被験者が発生するCOVID-19感染が確認された集中治療のための支援。 承認されたImpella LVサポートシステムは、承認された使用標識に対して承認または承認されていません。 Impella RPおよびImpella LVサポートシステムは、EUAに基づいて上記の緊急使用についてFDAによって承認され、セクション564(b)に従って医療機器の緊急使用承認を正当化する状況が存在するという宣言期間中にのみ承認されました。 )(1)、21 USC§360bbb-3(b)(1)、承認が早く終了またはキャンセルされない限り。

アビオメドについて

米国マサチューセッツ州ダンバスに本社を置くAbiomed(ABMD)は、循環支援と酸素供給を提供する医療技術のリーダーです。 当社の製品は、血流を改善して心臓を休ませるため、および/または呼吸不全患者に十分な酸素を提供するように設計されています。 詳細については、次をご覧ください。 www.abiomed.com

未来予測の声明

すべての将来の予測ステートメントは、証券取引委員会にファイルとして保管されているAbiomedの定期報告書に記載されているようなリスクと不確実性の影響を受けます。 実際の結果は予想結果と大きく異なる場合があります。

READ  日本ANA、第3四半期の営業利益赤字がびっくり

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close