トップニュース

日本に上場した主要企業の33%には女性幹部はありません。

日本内閣府は先週7月基準の日本上場主要企業の33.4%に女性役員がなく、海運、パルプ、製紙などは50%を超えたと明らかにした。

東京証券取引所1部に上場された2189企業のうち、732企業が7月末基準の理事、監査など女性役員がいないと集計された。

女性役員がいない大企業の割合は2017年62.0%から着実に減少したが、女性の企業代表性を高めるための国家の努力にもかかわらず、相対的に高い水準を維持している。

33業種のうち9業種のうち女性役員がいない企業は50%以上、海運業とパルプ、製紙業は約70%水準だ。

データによると、鉄鋼、機械、不動産業界で女性の昇進が遅れていることがわかりました。

一方、女性役員がいる企業の割合は電力・ガス業種が最も高く、銀行・航空運送業種が後に続いた。

野田聖子城平等担当大臣は26日、記者懇談会で「女性役員比率の高い企業が実績が良いというデータがあり、女性の昇進を通じて企業価値が上昇すると期待される」と話した。

より多くの女性が企業の意思決定に参加するほど、さまざまな価値が企業経営に反映されていると信じられています。

内閣府はウェブサイトに日本上場企業の女性役員数と割合に関するデータを掲示している。 2020年から女性役員が0人の企業名簿を公開し始めた。

政府は昨年政策検討で「2020年代内にできるだけ早く」と日付を延ばした。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  岡本健一再婚した圭人、20歳以上離れた弟 - ジャニーズ:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close