トップニュース

日本に亡命のために泳ぐロシア人だと主張する男性が北海道村に表示されます。

国の間を泳い打つ作ることは何ですか?

市ベッツは北海道東海岸の小さな漁村で、人口はわずか数千人に過ぎません。 また、電車で行くことができない日本の数少ない地域の一つであり、札幌から車で約1時間の距離にあり、やや静かで平和な地域社会です。

だから衝撃を受けたとき 8月19日中標津署に身元不明の男が現れ、ロシアでの膜の水泳をして亡命を申請したと語った。。 スニーカー、バイザーがある帽子、顔のマスクを着用してスポーツウェアを着たとして描かれているが、男性は、歩行者によって発見された支援のために交番に移送された。

という事実を知っておられる方のために ロシアが支配する国後島は市ベッツ海岸から少し離れています。、その不可能な旅行のように見えない場合があります。 しかし、まだ15℃(56℉)の水で20km(12マイル)の水泳するのにお勧めです。、数時間で、人々が気絶しそうです。

国後島はロシアが管理しますが、日本と紛争中の千島列島の日本に最も近い島です。 ロシアは第二次世界大戦が終わる島の制御を掌握したが、日本は続く条約が現在、彼らが行使するの完全な制御を提供していないと思います。 この問題は、依然として両国間の交渉中である。

時ベッツに来た神秘的な訪問者に関しては、彼が到着した町よりも人口が少しより多くの人里離れた島を脱出することに選択した理由は、ほとんど知られていません。 その人はまた、日本やロシアではなく、「第3国」に亡命したいたいと警察に話した。 北海道警察と札幌入国管理局は、現在、彼の主張を調査して身元を確認している。

オンラインでは、誰かが実際にクナシルから北海道まで泳ぐことができるかどうかについて、かなりの不信があります。

「その距離が泳げますか?」
「20kmが、海流が彼ガスルミョン自殺である。 “
「今は冷戦時代ではないのに、なぜ船に乗らなかったのか?」
“彼はカヌーを途中で乗って泳ぐを減らすためにしまったことがあります。”
「なぜ第三次世界大戦が始まるように感じましたか?」
「本当に運が良ければ、今日の海の温度が一時18℃まで上がったようだまだ難しいですよね。」
「彼はロシアを脱出するためにそれに依存するように作成されたのはなぜですか?」
「その島は日本の領土だが、それだけのような国に逃げるんじゃない?」
“彼はスパイです。 彼を解放するください。 “
“プールから約40kmを泳ぐことができますが、海で行うことができるか疑問に思いました。」

詳細については、レポートではまだ非常に少ないため、彼は最初から、ロシアから来ていない可能性があるかのように、彼は全体の水泳を正確にしていない可能性があります。 私たちは、ユニークなストーリーは、私たちが最も得意とあるので、このユニークな話が発展するにつれて、確実に注視することです!

源泉: STVNHK読売新聞
上部画像:©SoraNews24
●シュートニュース24の最新記事が浮かぶすぐ知らせを聞いてたいですか? Facebookで私たちをフォローして そして ツイッター

READ  新しい休戦協定が発効アゼルバイジャンとアルメニアの - 時事通信ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close