トップニュース

日本に住む外国人の子供たちの心を照らした映画、名古屋で上映

GIFU – 日本に住むブラジルとフィリピンの少年少女たちのドキュメンタリー映画「Journey to be Continued」の上映が11月3日、名古屋で開かれる。

上映会が開かれる日本国際協力団(JICA)中部センター名古屋中村区関係者は「海外から来る子供たちの感情の変化について知ってもらいたい。 私たちが彼らとどのようにやり取りすることができ、どのように一緒に暮らすことができるかを考えるために。

映画のテーマは多文化共存であり、岐阜県神西を背景にしています。 この都市には、繁栄する製造業やフィリピンやブラジルから来た多くの外国人労働者がいます。 カニ国際交流協会は2017年に映画を制作し、外国人支援のための大学やイベントで上映している。

協会によると、一部の児童は言語障壁や環境変化に適応できず、学校を離れたり家族関係に困難を経験する傾向がある。 映画では、岩井重明監督らは、この少年少女たちに巨大なキャンバスに絵を描いてもらうよう依頼し、彼らの絵を通して複雑な感情を垣間見ることができます。

カカム真由美協会事務総長は11月3日審査を終えた後、講演をする予定だ。 彼女は、「国籍を問わず、子供の学習権と家族の実態を振り返るきっかけを作りたい。 」

上映に先立ち、パラグアイと三重県で外国人の子供たちに日本語を教えた元JICA海外協力ボランティア原田真央が講演をする。

イベントはJICA中部センター名古屋筑久広場から午後2時から4時30分(映画上映時間1時間7分)まで行われる。 参加費は無料で30人に制限されます。 出席を希望する方は、11月2日午後5時までにメール([email protected])またはその他の方法でお申し込みください。 お問合せは、名古屋千急広場(052-533-0121)までご連絡ください。

(Japane original by Tomohiro Inoue, Gifu Bureau)

READ  チップ不足で、日本の工場の修理

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close