経済

日本に対するオマーンの石油輸出量206%増加

NCSI(National Center for Statistics and Information)の最新データによると、オマーンスルタン国の原油およびオイルコンデンセート生産量は7月末までに10.1%増加した223,176,800バレルに達した。

この期間中、原油生産量だけが13.5%増加したのに対し、オイルコンデンセート生産量は昨年同月に比べて7月末までに1.6%減少した。

オマーンの平均原油価格は、2021年7月末のバレルあたり57.6ドルから1バレルあたり92.8ドル、2022年7月末まで61%上昇しました。

2022年7月末、オマーンスルタン国の総石油輸出量は前年同期比16.7%増加した。

日本へのオマーンの石油輸出は7月末までに206.6%増加した7,308,700バレルを記録し、韓国への石油輸出はこの期間中68.7%増加しました。

一方、7月末までにオマーンスルタン国の天然ガス生産量(輸入を含む)は3.9%増加した30,485,400,000立方メートルを記録しました。

NCSIデータによると、両産業地域の天然ガス消費は13.9%、産業プロジェクトは6%、油田は1.6%増加したのに対し、発電所のガス消費は0.7%減少した。

2022 © All right reserved for Press, Publication and Advertising (OEPPA) Oman 設立, SyndiGate Media Inc. 提供(シンディゲート.info)。

READ  今週の主要経済指標に先立ってアジア太平洋株式が上昇

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close