トップニュース

日本に敗れたアメリカ女子カーリングオリンピック出場

アメリカの女性カーリング代表チームは、オリンピックメダルの希望を維持するために勝利を必要とするラウンドロビン決勝戦に進出した。

ワシントン – アメリカの女性カーリング代表チームがオリンピックから除外されます。 男はもう一度北京ゲームでプレイオフに進む機会があります。

Tabitha Petersonのフォーサムは、水曜日の夜(アメリカで水曜日の朝)ラウンドロビン決勝戦で日本に10-7で敗れた。 それは冬季ゲームでアメリカ人を4-5に落としました。

スイス(7-1)はすでに予選を通過し、金メダリストのスウェーデン(6-2)がロシアを8-5に破って合流した。 2018年銅メダリスト日本(5-3)と’18銀メダリスト韓国(4-4)とカナダ(4-4)、イギリス(4-4)、中国(4-4)など5チームが残った2桁をめぐって競っている。 4-5)。

アメリカの男性は木曜日の朝ラウンドロビン決勝戦でデンマークに勝つだけで金メダリストに生まれ変わる機会を持つようになります。

9試合中8試合を行った後、アメリカ人は4-4で北京オリンピック4強戦で4位を争うレースで4位を記録しました。 イギリスとスウェーデンはすでに7-1に先んじており、カナダも水曜日にロシアを8-6に破って先頭に上がった。

John Shusterのフォーサムは、フォンチデンマークを破ってプレイオフに進出しました。 彼らはまた敗北した場合に進むことができますが、助けが必要です。

「一部の試合が正しい方向に進んでいる場合、私たちができることは最後の試合で勝利し、何が起こるのかを見るだけです。」 スキップ・ジョン・シュスターが最近言った。

4年前、チームShusterは、オリンピックカーリング史上初のアメリカの金メダルを獲得したスウェーデンを破ったことを含め、5連続脱落ゲームで勝利しました。

READ  日本、オリンピックで山田4打点車メキシコ7-4完勝

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close