日本の「ムーンスナイパー」ミッションに大きな期待

Estimated read time 1 min read

日本の「ムーンスナイパー」宇宙船は、今週末に多くの人々が失敗した精密な技術を使って、月面に歴史的な着陸を試みる予定です。

日本は、月探査のためのスマート着陸船(SLIM)ミッションを通じて、岩石表面に非常に厳しい連着陸を試みる5番目の国になりたいとBSS/AFPが報じた。

アメリカ、ソ連、中国、インドだけがこの偉業を達成し、主要なおもちゃ会社が開発したローリングロボットを搭載した日本の着陸船は、これまでにない精度でこれを行うように設計されています。

宇宙局JAXAが「月狙撃手」というニックネームをつけた軽量SLIM宇宙船の降下は、日本時間で土曜日深夜(金曜日1500 GMT)に始まる予定です。

すべてが計画通りに進むと、タッチダウンは約20分後になります。

宇宙船は月面のある地点から100メートル(330フィート)以内の領域を目指しています。

成功すれば、二度の月探査失敗と離陸後爆発を含む最近のロケット失敗により、日本の宇宙での運命が逆転します。

これはまた、8月にインドが最初に探査されなかった月の南極近くに無人宇宙船を着陸させたインドの低コスト宇宙プログラムの勝利を反映するでしょう。

SLIMは、月のマントル(地下深い内層)が表面からアクセス可能であると考えられるクレーターに着陸すると予想されます。

月と惑星探査を専門とする東京大学モロタ桃勝副教授は、AFP通信に「ここで露出された岩石は、月と地球の起源を見つけるのに非常に重要だ」と話した。

JAXAはすでに小惑星に正確に着陸していますが、重力が強い月では問題が大きくなります。

一足の着陸だけでも圧力がかかり、「岩に囲まれた地域に着陸」しようとする試みでは、宇宙船の精度が非常に重要であり、これをカメラで検査するとモロタは語った。

-月に向かってレース-

モロタによると、日本は「狙撃」技術を通じて宇宙で「自分の存在を見せて」、月の歴史に関する中枢的な情報を提供することを希望している。

この任務には、いつか月に基地を建設するための鍵となる水資源の謎を明らかにするという野望もあります。

月面は砂漠に似ていますが、地形が険しく、日光が足りない極地には水が存在する可能性がある地域があります。

モロタは「月の商用化の可能性は極地に水があるかどうかにかかっている」と話した。

テニスボールよりわずかに大きいSLIMのローリングプローブは、月面で動くように形を変えることができ、JAXAと日本の巨大おもちゃ企業であるタカラトミーが共同開発しました。

遊び心のある雰囲気の中で、JAXAは「SLIM:The Pinpoint Moon Landing Game」というオンラインビデオゲームをリリースしました。

人類初の月の着陸から50年以上が経過した今、国と民間企業は新しい旅行のために競争しています。

しかし、不時着、通信障害、その他の技術的な問題が広がっています。

今月、米国の民間月着陸船は燃料漏れのために戻らなければならず、NASAはArtemisプログラムによる有人月探査計画を延期しました。

ロシア、中国、韓国からアラブ首長国連邦まで様々な国々も幸運を試している。

以前の日本の月探査ミッションは、公開と民間で2回失敗しました。

2022年、国家はアメリカのアルテミス1号ミッションの一環として、表参道という名の月探査船を送ることに失敗しました。

去る4月、日本のスタートアップであるアイスペース(ispace)は、月に着陸した最初の民間企業になるために努力したが、「景着陸」以降、宇宙船との通信が途絶えて無駄に努力した。

READ  IAV 2024 - 日本、水陸両用車、ハイブリッド推進を目指す新技術の模索
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours