日本の「人生コーチグル」エンド

1 min read

[PA Media]

リバプールのミッドフィールダー・エンドワタルは、ビデオブログ、執筆、サッカーに関する深い戦術討論の結果、母国の日本で「人生コーチグル」の地位に上がりました。

国家代表チームの主張であるエンドはすでに故国でスポーツヒーローだったが、しばらく自身のプラットフォームである月刊エンドワタル(Wataru Endo)と決闘(Duel)という自助書を通じて人々を助けて教育してきました。

リバプールファンのジャパン(Liverpool Fan In Japan)のYouTubeチャンネルを運営するサイモン・タ(Simon Ta)は、「彼は一種の人生コーチグル」と話した。 リバプール公式ホームページ。

「多くのプレイヤーが自伝を書いて、本を通して自分の選手のキャリアをたくさん共有しました。しかし、オンラインペルソナの観点から、そして実際に詳細と個人的な内容を共有するという観点から見ると、次のようにそうした人が覚えていません。遠藤がします。

「Endoは独自のフォロワーを持っており、100以上のビデオを制作しています。

「彼はすべてについてすべてを共有したいので、彼の足跡に従いたい人は、誰もが眩しさや華やかさではなく、現実を見ることができます。

「彼のブログを通して、彼は「あなたがどこから来たのか、あなたの鍵を恐れてはいけない」ことを示しています。」

31歳のエンドは43試合に出場し、カラバオカップで優勝するなど、イギリスで成功した初シーズンを送り、自身の洞察力を共有し、日本で詳細なサッカー分析の空白を埋めたいと思います。

日本リバプールサポーターズクラブの支部秘書の田丸由美子は「サッカー選手が自分が出場したすべての試合にこう深く関わり、彼が言うすべてが非常に興味深いということは本当に驚くべきことだ。

「私は他のリバプール選手からこんな詳細な試合分析を聞いたことがありません。 [such] 記憶力が良く、すべての詳細を非常に明確に覚えています。

「私は彼が日本の多くのサッカー選手に大きな影響を与えていると思い、彼らに多くのインスピレーションを与えています」

READ  2021年ナイジェリアスポーツを揺るがした7人の痛みを伴う死
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours