トップニュース

日本の「女性経済学」はGDPを15%増加させるために再起動が必要です

日本が安倍晋三以来、時代にどのように経済を復活させることができるのかを心配し始めるべき明確なポイントがあります。 まさにジェンダーです。

7月8日、日本の歴史上最も長く執権した首相を暗殺した悲劇的な事件がほぼ反射的に知られてきた。 それはできません。 しかしそれから数日後、新しいデータはアベノミックスを日本の経済ゲームを育てるための成功した努力に再構成するリスクを思い出させます。

2012年には安倍が2回目の執権をしました。 2006-2007年初めの任期がどれほど不名誉に流れたかについて非難された安倍は、1990年代からジェームズ・カービルの「経済、馬鹿」というマントラを頭に刻んで帰ってきた。 日本の1億2,600万人口のうち、女性の半分を「輝かせる」という公約よりも安倍が大きな注目を集めた経済的優先順位はないだろう。

東京の「女性経済学」の努力はむしろ無邪気に終わりました。 水曜日に世界経済フォーラム 日本116位仕事 聖平等指数からブルキナパソ、タジキスタン、グアテマラに続いて 101 2012年に)。 そして最も重要なのは中国に14段階、韓国に17段階、シンガポールに67段階です。

日本は政治における性平等に関しては悪い、順位 139仕事 146カ国中。 これにより、日本はバーレーン、ヨルダン、さらにはサウジアラビアよりも遅れます。

もちろん、潜在的に 良いニュース 報告してください。 日曜日の参議院総選挙で 女性125席のうち35席を占める、または28%。 悪いニュース:家父長制が権力を拡大するにつれて、この種の過去のマイルストーンは間違った夜明けであることが判明しました。

これは、県首相岸田文夫に、過去の政府(2012年から2020年までの最新の安倍が執権した2つの政府)が失敗したところで成功するユニークな機会を提供します。 北田が安倍以来日本をどこへ行くかを決めるにつれて、労働市場の半分をよりよく活用するための措置を取るよりも低い経済的成果はありません。

WEFから国際通貨基金(IMF)、ゴールドマンサックスまで、利用可能なすべての研究は、女性の才能を最も革新的で生産的で包括的な企業として活用する国と企業を特定します。 しかし、これまでこの千年の間、日本の指導者のどれも女性に権限を与えることに気を遣わなかった。 少なくとも成功しません。

多くの人がそうすることが重要だと言いました。 小泉純一郎、2001年から2006年の日本首相であり、安倍首相のメンターである彼は、より多くの女性候補を自民党に出馬するよう誘引し、しばらく見出しを飾りました。 それ以来、リーダーたちはすべての可能なジェンダー認可会議に出席しました。 しかし、注目すべき政策的変化はほとんどなかった。

東京が勝利だと主張する一つの指標は、労働参加率が少なくとも2010年以来増加していることです。 現在は最高記録です。 71%以上。 もちろん良いことです。 しかし、高齢化して移民に警戒する日本では、労働力に入る余りにも多くの女性が「非正規」の職業に向かっています。 これらは本質的に、給与、ボーナス、または正規雇用の基本的な安定性を欠いている1時間あたりの給与パフォーマンスです。

これらのジェンダー力学はコロナ19時代にさらに悪化しました。 京都大学の丸山さとみ(Maruyama Satomi)教授は、その結果、ファンデミックが長い間平等主義を誇りにしていた国で「女性貧困の変化する顔」を加速していると述べています。

しかし、安倍が自身の女性学計画を発表してから10年が過ぎた今でも、日本は性格の格差について知らないことが分からないというのが問題です。 5月に、Kisidaは日本がまもなく企業に女性と男性の従業員間の賃金のギャップに関するデータを共有するように求めると発表しました。 執権自民党が10~20年前にそうしたとしたら。

木田は直ちにそのような報告を求めるべきです。 彼は、女性幹部、管理者、正社員の割合を高めるために、企業に対する税インセンティブを発表する必要があります。 彼はまた模範を示し、数を増やさなければなりません。 女性閣僚– 20個のうち3個のみあります。

同様に重要なのは、岸田は少数の人々が導きたいと思う副次的な省庁だけでなく、主要な省庁の一部を女性に委任しなければならないということです。 女性外務大臣、財務大臣、または女性官房長官は、両性平等に対する岸田の約束を証明するのに大きな役割を果たすことができます。

キシダは、経済復興より社会正義の面で問題をあまり売れない。 どんな真剣な経済学者も、東京の膨大な負債負担、急速な人口高齢化、低出産の間のギャップの拡大に拍手を送らないでしょう。 1990年代後半から元ゴールドマンサックス戦略家のキャッシュ松井は、日本が女性と男性の労働参加率の格差を狭めると国内総生産(GDP)が15%増加すると主張してきた。

この研究は、松井と彼女のチームが10年前に安倍に勝ったので重要です。 しかし悲しいことに、日本は過去10年間の演技ではなく、両性平等の拡大について話しました。

今、中国で競争力を失い、インドネシアよりも少ない技術「ユニコーン」を生産する経済を再設計することは、キシダにかかっています。 人口の半分に、より起業家的で活気のある日本を生産するためのより大きな機会を提供することは、確かに私が最初に見てみたいところです。

READ  ユン大統領、大統領府移転計画

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close