日本の「生きた実験室」都市、2024年完工予定

1 min read

富士山の陰の下で日本の自動車メーカーであるトヨタが「ウーブンシティ(Woven City)」という新しい都市を建設しています。 都市住民が自律走行車、ロボット、清浄エネルギー、人工知能(AI)と共にどのように生きていけるかを調べるために設計された「生きた実験室」と描写された。

多くの場合、目立つ誇大広告と本物のPRに囲まれたいわゆるスマートシティは、始めからかなり悪いパフォーマンスを持っています。 しかし ウブンシティ 実際にどこかに行っています(まあ、それは彼らの精通したPRによるものです)。

建設は2021年初めに始まり、2024年夏に完了する予定です。 市は2025年までにソフトローンチと「パイロット試験」を開始することを希望しています。 今回のデモには、次世代のテレコミュニケーション技術に関する実験や、配送ロボットに接続されたスマートフォンアプリを含む「スマート物流」が含まれます。

都市の住宅内部では、ロボット技術やセンサーベースのAIが冷蔵庫に自動的に物を充填し、ゴミを捨てるなど、日常の作業に使用する計画です。

Woven Cityの街を表現したもう一つのコンセプトデザインです。

画像クレジット: Toyota Woven City

トヨタ 最初は高齢者と家族を中心に約360人が居住することになるが、徐々に人口を2,000人程度に拡大する計画だと説明した。 入居者の中には技術者、研究員など会社職員が含まれ、実際の環境で定着を観察し、AIなどの技術を開発することになる。

これらすべては、自然界と伝統的な日本の木工芸術に触発され、ロボットが建設した都市環境を背景に起こります。 街のデザインを支援するために、同社はノルウェーの有名な建築家Bjarke Ingelsの助けを借りています。

「このような小さな規模でも、最初から完全な都市を建設することは、都市インフラのためのデジタルオペレーティングシステムを含む将来の技術を開発するユニークな機会です」。 トヨタモーターコーポレーションの会長であり、同社の元社長兼最高経営責任者(CEO)である秋田豊田氏。 氏名 2020年に。

トヨタはウブンシティが2025年に完成する時の様子を期待しています。

トヨタは、ウブンシティが2025年に完成したときにこのような姿になることを希望しています。

画像クレジット: Toyota Woven City

「人、建物、車両がすべて接続され、データとセンサーを介して互いに通信することで、私たちは仮想領域と物理領域の両方で接続されたAI技術をテストして可能性を最大化することができます」と彼は付け加えました。

豊田明夫は1926年に自動織機メーカーとしてトヨタ工業を創業した、いわゆる「日本発明王」豊田咲吉の増孫者だ。 以来、同社は織機制作の分野を超えて拡大しましたが、「Woven City」という名前はこれらの遺産を指しているようです。

「知らなかったら、トヨタは実際に織機メーカーとして始めました。 私たちは車を作ることから始めませんでした。 私たちは生地を織ることから始めました。 今、私たちは私たちの技術を使って新しい種類の都市と人生を楽しむ新しい方法を一緒に編成することを願っています。」 記者会見。

READ  中国、貨物の再補給船打ち上げ成功
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours