日本のある女性がクラウドファンディングを通じて245,000ルピーを募金し、死んだ犬のための獣医診療費を支払いました。

1 min read

26歳の日本の女性がすでに死んだ犬のための資金を用意するために、詐欺ポストを上げた疑いで逮捕され、起訴されました。 この画像の言葉は「時間がなくなりました。助けてください!」

画面キャプチャ/ReadyFor

  • 日本で死んだ犬のための資金を提供するための詐欺の疑いで女性が逮捕されました。
  • 警察によると、Kanna Sudo(26歳)は10月と12月の間に子犬のためにR245,000相当を募金しました。
  • しかし、捜査の結果、首都の犬が実際に8月に死亡したことが分かった。
  • より多くの物語については、www.BusinessInsider.co.zaをご覧ください。

26歳の日本女性がすでに死んだ犬を治療するために、医療費で245,000ルピーを募金した疑いで逮捕されました。

日本のニュースメディアによると、菅関奈(26)は1月13日に逮捕され、詐欺未遂の疑いで起訴されました。 読売新聞。 読売新聞によると、須藤は失職状態で今週、奈良県警察署にすでに死亡したペット犬の医療費を回収するために資金を請求したと自白した。

によると 朝日ニュース、Sudoの犬が8月に死んだ。 しかし、Sudoは昨年10月29日から12月13日の間にソーシャルメディアに少なくとも3回のアップデートを行いました。

スドーは死ぬ前に、犬の動物ケアをカバーするのに十分なお金を稼ぐために詐欺を犯したと認めた。 詐欺は、匿名の情報提供者が地元警察に報告した後、1月に明らかになりました。 マニチシムンブン

内部者が見た クラウドファンディング準備ページ 須藤の犬、「トイくん」というレトリーバー。 ページでは、SudoはToiが深刻な心臓問題に苦しんでいると主張しました。 彼女はまた、子犬の画像と医療レポートのスキャンを投稿しました。

Sudoは「Toiは深刻な心臓病に苦しんでいます。

「もちろん、残りの募集期間中に受け取った支援はすべてトイの医療費として使われます。ファンディング投稿に追加しました。

募金イベントは人々にいくつかの寄付段階を提供しました。

報道当時、募金行事には407人が1,844,500日本円(またはおよそR245,000)の金額で後援しました。 しかし、募金イベントがキャンセルされ、新しい寄付を受け取ることができなくなります。

Readyfor は、寄付者の払い戻しの有無に関する Insider のコメント要求にすぐには対応しませんでした。

READ  国際協力を強化するために日本の経済安全保障を強化するための新しい法律。 考慮すべき従業員への影響
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours