スポーツ

日本のしタオカネジ、ノースウェストアーカンソー選手権優勝

Nasa Hataokaは日曜日Walmart Northwest Arkansas Championshipでイミンジとチ・ウンヒを破って1打差の勝利を収め、不安仕上げを守りました。

日本のしタオカ(22)は、最終ラウンドで4アンダー67打を打って16アンダーで仕上げました。 彼女はパー5の18番ホールで2回グリーンに到達した後の最初のパットを15フィート(15フィート)離れた場所で転がした後、パーのための3フィートを作成しました。

競合している唯一のカナダ人であるオンタリオ州スミスフォールズのブルックヘンダーソン(67)は、8アンダー205打8打を打った。

同じ組でワンショットバックをしているLeeは長いドライブにセンターを降りたが196ヤードの5番アイアンでグリーンを大きく外れた。 彼女の投球は彼女にバディのための約16フィートを残すたが落ちていない。

WATCH l日本のHataoka、Arkansasで第二のLPGAタイトル獲得:

日本のしタオカ、アーカンソー州で第二のLPGA優勝

Nasa Hataokaは日曜日アーカンソー州ロジャーズで開かれたLPGAトーナメントで3ラウンド16アンダーを記録し、通算5回目の優勝を獲得した。 3:02

パー5 14番ホールをイーグルでイーグルして18番ホールでセカンドショットを放ったジヒョンは、グリーン後のバンカーに落ちた。 彼女はバンカーでホールの下の3フィートまでパットしてバーディーを共同2位を記録しました。

リーは12アンダーで一日を首位で畑大川首位であり、最終ラウンドで68打を打ち、ジヒョンは67打終えた。

LPGAツアーで5回目の優勝を獲得したしタオカは2018年大会で初優勝を占めた。 12ホールをあわせて全体の5アンダー17アンダーを記録してパー4 13番ホールでセカンドショットを左右に引き渡した。 。

彼女は穴を通って約50フィートの丘を登っていった。 彼女のパーパットがレースをしていたのカップの後ろにぶつかって1フィート離れたところで停止し表示のために戻ってくる少なくとも15フィートを取得しました。 彼女は54ホールで作成したビューの2つのいずれかであった。

彼女は14-18ホールで各ホールでパーを記録したLeeが156ヤードパー3 17番ホールでバーディーでリードを1打減らすのを見た。

Leeは「全体的に、私は3日にわたって堅牢た。「今日はバディの機会を置いて一度逃したている必要がそのような状況ではNasaは今日は本当に良い試合を繰り広げました。 18番ホールで第二のシュートをして失望したが、まだ良い一週間を過ごしました。」

最少湯川川ダニエルは、それぞれ6アンダー65打で14アンダーで4位に上がった。 2007年と2014年の大会で優勝した地域の人気選手Stacy Lewisは、最終ラウンドで66打を打ってゴジンヨウンと共同6位です。

Hataokaは勝利のために$ 345,000を得ました。

READ  Huskerバスケットボール選手、東京オリンピック出場

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close