スポーツ

日本のためのスコットランドのボスタウンセンド改造パック

グレゴール・タウンセンドは、土曜日のマレーフィールドで開催されるスコットランドの秋のネイションズシリーズの最終戦のために、フォワードパックに5つを含む7チームを交換しました。

スコットランドは先週、世界チャンピオンの南アフリカに30-15で敗れた後、勝利の方法で戻ろうとしています。

これは、Brave Blossomsが横浜でフル28-21で勝利し、世界的なショーピースから脱落した後、2019年ワールドカップ開催国日本とのスコットランドの初戦となります。

タウンセンドスコットランド監督は「我々はチームとして肯定的な一週間を過ごし、土曜日の始まりから私たちに挑戦すると予想される日本チームを相手に改善された競技力で秋ネーションズシリーズキャンペーンを終えたい」と話した。

新しい姿のバックローで、Josh Baylissは2週間前にオーストラリアとの勝利でベンチでデビューした後、8番でスコットランドのための最初の出発を行います。 EdinburghのサイドプレーヤーJamie RitchieとHamish Watsonは、Wallabiesの勝利でブラインドサイドとオープンサイドのポジションを再開しました。

グラスゴーの小物Jamie Bhattiは、2019年8月のワールドカップウォーミングアップの試合でフランスを相手に選出した後、初のスコットランド選出出場を記録しました。

彼は、売春婦に荷物を安くするためにオーストラリアに身を包んだ怪我から回復したクラブの同僚ジョージターナーと一緒に前線に加わりました。

全体のグラスゴーの前線は、Zander Fagersonがタイトヘッドに仕上げました。

スコットランドは、スプリングボックスに敗北する前にオーストラリアを15-13に破る前にトンガを60-14に広げた後、年末キャンペーンで4勝3敗を狙っています。

日本は10月にホームでオーストラリアに32-23で敗れ、ヨーロッパツアー開幕戦でアイルランドに60-5で敗れた。 先週、彼らはラグビー2位の国であるポルトガルを38-25に破った。

– 「向上したスコットランド」 –

Brave Blossomsは、ポルトガルでリラックスしたPieter LabuschagneがMurrayfieldで主張しています。

ポルトガルとのデビュー戦で得点した中野翔後がアウトサイドセンターに指名され、柿長新之介は2016年以来初めて競技日23に復帰して予備プロップに指名されました。

ジェイミー・ジョセフ日本監督は「スコットランドは昨年のワールドカップで試合を行って以来、本当に良くなった。

「ワールドカップ当時、非常に若い選手たちが今チームの先輩になり、試合の方法をたくさん変えました。彼らはボールを投げるのにとても熱心でした。

ニュージーランド人は次のように付け加えました。 「スコットランドが多くの改善を見せたルーズフォワードで大きな競争を期待しています。彼らのバックローは守備と攻撃に強く、「再カーリング」と減速に非常に堪能です。ボールダウン。

「しかし、私たちは(マイケル)レイチ、ラッピー(ラバスシャン)と(カズキ)ヒメノで経験豊富なバックローを持っているので、ゲームの大部分になります。

スコットランド(15-1)

スチュワートホグ(大腸)。 Darcy Graham、Chris Harris、Sam Johnson、Duhan van der Merwe; ピンラッセル、アリプライス。 ジョシュ・ベイリス、ハミーシ・ワトソン、ジェイミー・リッチ、グラント・ギルクライスト、スコット・カミングス、ザンダー・フェイガーソン、ジョージ・ターナー、ジェイミー・バーティ

選手: スチュワート・マッキナリー、ピエール・ショーマン、ジャワ・セバスチャン、サム・スキナー、ディラン・リチャードソン、マット・フェイガーソン、ジョージ・ホーン、ブレア・キングホーン

コーチ:グレゴールタウンセンド(SCO)

日本 (15-1)

Ryohei Yamanaka; 松野小太郎、中野中昌、中村浩也、Siosaia Fifita; 松山拓也、ユタカナガレ。 香月ヒメノ、ピーターラブシャンネ(キャプト)、マイケル・レッチ、ジェームズ・ムーア、ジャック・コルネルセン、アサエリ・アイ、アツシ・サカ

Replacements: Kosuke Horikoshi, Keita Inagaki, Shinnosuke Karinaga, Ben Gunter, Tevita Tatafu, Naoto Saito, Yu Tamura, Dylan Riley

コーチ:ジェイミー・ジョセフ(NZL)

jdg/bsp

READ  Emma NavarroがITFワールドテニスツアーでオーランド25Kシングルスを獲得

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close