エンターテインメント

日本のアニメ映画「デーモンスレイヤー」米国の映画館上陸

コーラルゲーブルズ、アメリカ(ロイター) – 記録的な日本のアニメ映画「デーモンスレイヤー:ムゲントレイン “が金曜日に米国で興行を知らせ最初の上映で、フロリダ州のファンをひきつけた。

人気漫画とTVアニメシリーズを原作にしたデーモンスレイヤー映画はCOVID-19制限にもかかわらず、日本の劇場で3億5000万ドル以上の収益を上げた宮崎駿のオスカー受賞者である「Spirited Away」を2カ月ぶりに抜いて最高ました。 歴代成功的な日本アニメーション。

20歳マイアミの居住者アレックスアコスタは「私の期待を上回った。あまりにも多くの泣いた」と話した。 「アニメーションがとても良かったです。確かに素晴らしいストーリーラインだった。本当に良かった。」と彼女は言いました。

映画は、人間を食う悪魔に殺された後、家族の復讐のために出て行った少年Tanjiro Kamadoが仲間たちと一緒にMugen(「Infinity」)電車に乗って出発します。

コーラルゲーブルズのランドマーク劇場で映画を見たマイアミの居住者カルロスブランソン(19歳)も圧倒された。

「魅力的な話であり、それに関するすべてのことが感情的に私に沿ってつかみ、私のすべての過程で膨大な投資を受けました。」と彼は言いました。

Daniel、JavierとLuis Marmolejo兄弟は、この映画が今後オスカーで最優秀作品賞を受賞しなければならないと思いました。

「彼らは映画が素晴らしいので勝たなければならない」とLuisは言った。

READ  Johnny DeppのGrace From GraceがMGMを日本水銀中毒ドラマ「Minamata」と「店頭」するように誘導しましたか? Read Letter Director Andrew LevitasがStudioに送った手紙

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close