日本のアーティスト、山口百合子(Yuriko Yamaguchi)が木々を揺るがす。 自然と技術が出会う時を捉えた夢幻的な彫刻

Estimated read time 1 min read

芸術家山口百合子の故郷である日本大阪の美しい光景は御堂筋通りに沿って並ぶ黄金のイチョウです。 多くの大阪の人々にとって、木は時代を超えた自然の壮大さを象徴し、初期の秋の雰囲気を雰囲気の中に浸します。

ここヒューストンのバーバラデイビスギャラリー展「Yuriko Yamaguchi: The Trees are Humming」は、芸術、自然、科学、技術の感動的で雄大な融合を捉えています。 11月11日土曜日まで展示される山口の作品は、さまざまな要素間の相互接続性を強化しながら秋を思い浮かべます。 彼女の作品は2月25日までワシントンDCで開かれる国立女性美術館グループ展「The Sky’s the Limit」にも展示されます。

アーティストの山口百合子(Yuriko Yamaguchi)が彼の彫刻の一つを鑑賞しています。 (バーバラデイビスギャラリー提供)

山口は、自然と人工、正の空間と負の空間、透明で不透明なもの、有限と無限など、一見矛盾する多くのアイデアを探求しています。

芸術、生活、自然の調和を達成するために、彼女はコジョ紙、アバカ、亜麻紙パルプ、手織りシルクなどの天然素材を活用しています。 彼女は日本の長野の製紙職人に、甘皮と盛り上がり紙の作り方を学びました。 これらの材料に加えて、Yamaguchは手作りの樹脂、真鍮またはスチールワイヤー、LED照明も統合しています。 過去に、彼女は木材を使用して広範囲に取り組んでおり、多数の大規模な設置を製造していました。

「自然と人工材料を組み合わせて一つの調和を図ろうとすることが重要です」と山口氏は言います。 「芸術と科学は別々の分野ですが、互いに非常に密接につながっていると思います。」

彼女が複雑に設計した生物発光のぶら下がった彫刻と壁の彫刻のネットワークは、迷路を連想させます。 バーバラデイビスギャラリーに展示されている10点の作品も概念的に互いにつながっています。 次のようないくつかの芸術作品 コア#2 そして コア#3 (2023)は、暗褐色の種子やコツクの塊に似ています。 その他の作品など 無限成長 (2009)と 無限 (2023)は自然の中で無限を示唆しています。

手で鋳造した樹脂と真鍮線を使用して作られ、 Web#8 (2007)は彫刻の中で最も木に似た作品です。 そしてタイトルが書かれた3つの彫刻 落ちる (2023)は微妙で神秘的です。 というタイトルの彫刻 子宮#3 (2023)は、さまざまな方法で解釈することができる時の適切で強力な声明をしています。 展示に登場するすべての作品は、お互いに興味深い会話を交わしているようです。

秋の光も漂う。 金色、半透明の蜂蜜、茶色とオレンジ色。 さらに、彫刻は、コンピュータ技術に関して頻繁に言及される遍在であるが見えない「雲」を視覚的、比喩的に表現することもできる。

左から:山口百合子の「ウェブ」(2007)と「無限成長」(2009)。 どちらの彫刻も、手で鋳造した樹脂と真鍮製で作られています。 (バーバラデイビスギャラリー提供)

日本の女性アーティストの力

山口のような日本の女性アーティストが現代美術に与える影響は明らかです。 1950年代には、山崎鶴子(Tsuruko Yamazaki)と田中敦子(Atsuko Tanaka)が画期​​的な遺産をしっかり保つのに役立ちました。 グタイ美術協会。 同様に、日本の国外在住者の三重美恵子(Mieko Shiomi)と久保田重子(Shigeko Kubota)はフラクサス運動に重要な貢献をしましたが、ジョセフ・ボイスは依然としてフラクサスの顔として残っています。 また小野洋子と草間弥生は共に現代美術に初期から絶えず画期的な貢献をしてきました。

1971年の20代前半にアメリカに移住する前、山口は1971年にアーティストとエンジニアグループに会いました。 1970年大阪世界博覧会。 博覧会では、彼女はペプシパビリオンで働きました。 芸術と技術実験

1966年に設立された未来志向のEAT組織は、技術と視覚芸術を融合しました。 創立メンバーとしては、電気技師Billy KlüverとFred Waldhauer、アーティストRobert RauschenbergとRobert Whitmanがいました。 EATグループは、ビデオプロジェクション、ワイヤレスサウンド伝送、ドップラーソナーなどの最先端技術を活用して芸術作品を制作しました。

「私は彼らと関係を築くことができ、それは本当に芸術家になるように刺激しました」と山口氏は言います。

左の写真:Bell Labsの電気エンジニアBilly Klüverと伝説的なアーティストRobert Rauschenbergは、EATグループの共同創設者でした。 EATは芸術と技術実験を意味します。 このグループは、1970年に大阪世界博覧会で出会ったアーティストの山口百合子に触発されました。 (PhaidonとRobert Rauschenberg Foundation提供)

EATグループに加えて、彼女はFritjof Capraの記事も引用しています。 生命のウェブ 本と建築家のアントニー・ガウディの作品に触発されました。 彼女はガウディの生体模倣建築デザインと哲学に魅了され、2017年にバルセロナでレジデンシーを終えました。

「ガウディは私に大きな影響を与えました」と山口は言います。 「彼は建築家でありながら有機的なものに興味がありました。 彼は多くの天然材料を集めた。 自然は彼のインスピレーションの一部です。」

より精神的な次元で、山口は彼女の祖父母が日本に訪れたとき、比叡山と高鎮山の寺院に触発されました。 彼らは練習した 神道 そして彼女はこの信念体系を自分の人生に取り入れるように励ましました。

「神道には聖像を崇拝することはありません」と山口は言います。 「彼らは空や空気のような自然を崇拝します。 自然に関するすべてが礼拝のテーマです。」

しかし、何よりも、彼女は自然と技術の交差点に触発されています。

「芸術を作ることは自然とつながることです」と山口氏は言います。 「人工的な材料、デバイス、コンピュータ、技術がなければ、私たちは決して生きることができないことに気づきました。 だから私たちは実際にすべてに人工的な依存をしています。 。 。 なぜなら、私たちはおそらく脱出できないでしょう。」

「Yuriko Yamaguchi: The Trees are Humming」は、11月11日土曜日まで4411 Montrose BoulevardにあるBarbara Davis Galleryで展示されています。 詳しくはこちら ここ。 山口の作品はワシントンDCで2月25日まで国立女性美術館グループ展「The Sky’s the Limit」にも展示されます。 ここ

READ  Granblue Fantasy: Relink and Versus: Rising 哲也福原&加持康之インタビュー
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours