経済

日本のインフレ、40年ぶりに最高値に上がるインフレ

日本のインフレは、円の下落によりすでに世界中で急騰した原材料価格が上昇し、40年ぶりに最高水準に上昇しました。

ボラティリティの高い新鮮な食品価格を除くソース消費者インフレは、10月に前年比3.6%増加し、金曜日の政府資料によると、1982年以来最も急速な成長率を示した。

イギリスやアメリカなどの経済で見られるインフレ率に比べて低いが、物価上昇率は日本銀行のインフレ目標をはるかに上回り、世界で3番目に大きい経済で数十年間の低迷につながった。

黒田春彦総裁が今週のCOVID-19大流行による日本の脆弱な経済回復を支援するために、扶養策を維持する必要性を繰り返しながら、日本銀行(BoJ)が金利上昇という世界的な傾向に挑戦しました。 黒田は、目標以上のインフレは一時的であり、主に国際原材料価格の結果であると主張した。

今週初めに発表された経済データによると、日本経済は民間消費が低迷し、第3四半期連続成長後第3四半期に予想外の0.3%減少しました。

岸田文夫日本首相は先月、家計が上昇するエネルギーコストを管理できるよう支援する措置を含め、経済を扶養するための2,600億ドル規模の扶養策を発表しました。

中央銀行の緩い政策は、円の価値を落とし、海外の日本企業の利益を高めるのに役立ちましたが、輸入価格の上昇に貢献しました。

日本通貨は10月に32年ぶりに最低値に急落し、米ドル当たり151円を記録したが、金曜日現在約140円に回復しました。

READ  日本、弱い消費者、企業支出の第4四半期のGDP下方修正 WKZO | カラーマジュすべて

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close