スポーツ

日本のインフレは、通貨スタンステストで2ヶ月間のBOJ目標を超えました。

小宮関太郎、木原レイカ

東京(ロイター) – 5月、日本の年間源消費者物価が2ヶ月連続中央銀行の目標値を超え、これは日本の脆弱な経済に対するグローバル原材料価格の高騰圧迫を強調したことで金曜日のデータに現れた。

このデータは、最近の物価上昇が一時的であり、通貨扶養策の撤回を正当化しないという日本の銀行の見解に反対する。

しかし、賃金が上昇した状況では、多くのアナリストは、BOJが金利引き上げでインフレに対抗するのではなく、景気後退を促進することに集中し続けると予想しています。

ボラティリティの高い新鮮食品を除いて、燃料コストを含む全国のコア消費者物価指数(CPI)は5月に前年同期比2.1%上昇し、市場予測の中央値と一致することがわかりました。

これは7年ぶりに最速で増加した4月の2.1%上昇に続き、2ヶ月連続BOJの目標2%を上回りました。

不安定な食品と燃料費の両方を排除するコアコアCPIは、4月に同じ速度で上昇した後、5月に1年前より0.8%上昇しました。

Shinkin Central Bank Research InstituteのTakumi Tsunodaのエグゼクティブエコノミストは、「賃金引き上げ率は依然として遅いですが、食品価格はかなり上昇しています。言った。

「私は、より広い範囲の日常商品とサービス価格が上がらない限り、コア消費者インフレは3%に達しないと思います。」

上昇した燃料コストはCPI上昇の主な要因として残っていましたが、エネルギー価格の前年比上昇率は4月の19.1%から5月の17.1%に鈍化しました。

しかし、ボラティリティが大きい野菜、肉類、魚を除いた食品価格は5月に2.7%上昇し、2015年以来最も早い上昇傾向を見せた。

BOJが金曜日に発表した別のデータによると、5月のサービス代価で企業が支払うサービス価格は前年同期比1.8%上昇したことが分かった。

2020年以降、最も速い年間速度である増加率は、コロナ19感染者が減少し、サービス需要が反騰したことを部分的に反映したものとデータは明らかにした。

アナリストらは、ロシアのウクライナ侵攻と輸入コストを膨らませる円安のため、上昇する燃料と食品の価格が、今年の大半は日本のコア消費者インフレをBOJの目標値である2%以上に維持すると予想していると述べた。

しかし、家計は生活費の上昇と低い賃金の上昇に直面しており、このようなコスト引き上げインフレを一時的で消費リスクと見なすBOJを応援することはほとんどありません。

黒田春彦BOJガバナーは、強力な内需と高賃金の引き上げがインフレの鍵となる要因になるまで、中央銀行が金融政策を超緩和状態に維持すると述べた。

(Kantaro KomiyaとLeika Kiharaの報告、Richard PullinとShri Navaratnamによる編集)

READ  久保途中出場の存在感を魅了終了直前バー直撃FK - 日本代表:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close