経済

日本のインフレはついに上昇していますが、BOJは金融政策で緩和

TOKYO – 何十年もの間、物価がほぼ安定していた日本でついにインフレが始まっています。 しかし、米国の連邦準備制度理事会とは異なり、日本銀行は金利を低く保つことを決め、円の下落を主導しました。

木曜日に、日本中央銀行は金利を抑えるための別の債券買い取りの動きを再開しました。 米国債債利回りの10分の1未満の0.25%に収益率を制限するため、国債を無制限に購入することを約束しました。 火曜日まで続く意向書は、木曜日の実際の購入なしで収益率を上限を下げるのに十分でした。

日本銀行の珍しい立場は、円を20年ぶりに最も弱い水準に引き下げ、日本と米国の間の年間貿易と投資の流れで数千億ドルを支える計算を打ち砕いた。

円安は日本で物価が上昇する1つの理由であり、消費者物価インフレは来月または2ヶ月以内に中央銀行の長期目標である2%に近いと予想されます。 日本は、石油や食品などの輸入品に対して円ベースでより多くの費用を支払っており、世界的なエネルギー不足とサプライチェーンのボトルネックも価格を引き上げています。

このような状況では、一般的な中央銀行戦略は、インフレを制御するためのより高い金利に備えています。 また、投資家のお金を円に引き込み、輸入価格への圧力を軽減する傾向があります。

しかし、黒田春彦総裁が率いる日本銀行は、今年何度も金利引き上げを準備している連준に従う準備ができていないと述べました。 BOJ管理者たちは現在、インフレが日本が統制できない要因によって誘発された一回性現象だと信じています。

BOJは、これらの「コストプレッシャー」インフレが需要を抑制し、経済を冷却する可能性があるため、独自の死の種を含んでいると思います。

黒田首相は月曜日議会で「エネルギー価格の上昇によるコスト引き上げインフレは家計の実質所得と企業の所得を減少させ、日本経済に悪影響を及ぼす」と話した。 「安定的で持続可能な方法でインフレ目標の2%を達成するために、緩和的な金融政策を継続することが適切です。」

金曜日に発表される政府の数値によると、全体的な消費者物価インフレは3月に1%をわずかに上回ると予想されます。 経済学者たちはこの数値が昨年携帯電話サービス料金引き下げの影響が減り始める4月や5月に2%に達すると見ている。

横浜の商店街。 日本の消費者物価インフレは、来月または2ヶ月以内に中央銀行の長期目標である2%に近いと予想されます。


写真:

岩武高明/ブルームバーグニュース

短い間隔を除いて、日本は1990年代以降にそのような数値を見たことがありません。 しかし状況は米国とは距離が遠い。 インフレ程度(3月、米国消費者物価が8.5%上昇)だけでなく、消費者の態度にも差がある。

米国の消費者は、より高価な価格であっても、住宅、自動車、電子製品を購入することによって価格を引き上げるのを助けました。 日本では、価格の上昇は、主に燃料や原材料などの投入材料のコストが高くなるにつれて利益マージンを維持しようとする企業によって引き起こされます。 経済は感染症レベルよりも依然として小さい。

ユニクロ衣料品店のヤナイ太田代表は「日本の経済状況を考慮すると価格を簡単に上げることができない」と話した。 株式会社

4月14日記者懇談会で。

ウォルマートがあるSeiyu Co.を含むいくつかのスーパーマーケットチェーン 株式会社

少数の株式を保有しており、価格を引き上げるブランドから市場シェアを奪うために、少なくとも6月30日まで店舗ブランド製品の価格を引き上げないと約束しました。

BOJの黒田氏は、小規模企業が高い輸入価格によるコストを転換するのに苦労し、利益が減少するため、円が急激に落ちたくないと述べた。 水曜日に1ドルは129.40円(2002年4月以降最も低い円高)を買い、今年初めに約115円と比較した。

日本はCovid-19制限のため観光客に閉鎖されているため、安価な通貨の典型的な利点(バーゲンセール狩り外国人誘引)は現在適用されていません。 鈴木俊一(Shunichi Suzuki)財務相は最近の動きを「円安」と呼んだ。

米国では、食料品、衣類、電子製品の価格が上がり、日本の価格は低い水準を維持しました。 WSJのPeter Landersが東京で買い物をし、安定した価格が財布に良いのですが、経済成長の鈍化の兆候になる理由を説明します。 写真:Richard B. Levine / Zuma Press; キム・ギョンフン/ロイター

それにもかかわらず、BOJの考えに精通している人々は、政策立案者が純粋に為替レートに応じて金利を引き上げることを嫌がっていると言います。 連盟の動きがはるかに大きくなると、わずかな金利引き上げは市場に大きな影響を与えない可能性があると彼らは言います。

スーパーマーケットで分単位の購入を追跡するNowcast Inc.の中山中田アナリストは、現在日本の主要経済的懸念は価格が制御できない過熱した経済ではなく弱い需要だと述べました。 彼は、これまでの緩やかな値上げがすでに最近数週間の間、需要に打撃を与えていると述べた。

中山氏は「スーパーマーケットとコンビニエンスストアを含む小売販売が4月と5月にも弱気を維持すれば、企業がより高い価格表を受けにくいだろう」と話した。

書く 藤川めぐみ [email protected]

Copyright ©2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved. 87990cbe856818d5eddac44c7b1cdb8

READ  過剰再生可能エネルギーで水素生産| Holland&Knight LLP

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close