日本のインフレはリスクが残っている中で2.7%に緩和されます – ロンドンのビジネスニュース

Estimated read time 1 min read

日本円は、トレーダーが中東の地政学的状況に反応した後、緊張がある程度緩和され、最近の最低値の近くに戻った後、今日の午前中にわずかな反騰を経験しました。

トレーダーたちは、円安が継続し、輸入コストの増加により継続的な物価上昇につながる場合、中央銀行(BOJ)が金利引き上げを検討する可能性があると最近提案した上田一雄日本銀行総裁の発言に伴い、追加の兆候を待っています。

次の政策会議で公開されるBOJの四半期成長率と物価見通しは、円の価値の下落が経済にどのような影響を与えたかを明らかにします。

日本の年間インフレ率は2月の2.8%から3月には2.7%に下落しました。 しかし、世界中でインフレ圧力が依然として存在しており、世界中の中央銀行が政策立場を再評価しています。

以前に予想した連盟の金利引き下げは、今や不確実です。 その結果、米国債の利回りは引き続き上昇する可能性があります。 通貨価値の下落に関する懸念により、日本の財務大臣は、G7が外国為替のボラティリティを解決すると予想される中、米国および韓国の財務大臣との議論に取り組んだ。

日本の通貨は、ドルの高騰により継続的な圧力を受けており、日本の金融政策の決定が複雑になる。 これで、フォーカスは来週のPMIデータに移動します。 ここでの介入リスクは依然として残っていますが、滑らかなデータのために円が弱い可能性があります。

READ  長官は、Next-Japan Kovid-19のためのより多くの経済刺激策を評価することができると長官は言いました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours