経済

日本のインフレはBOJの2%目標を超えて加速し続けています

日本のインフレは、7月の中央銀行の目標値である2%を超えてさらに加速化し、日本銀行(BOJ)ガバナーである黒子黒子が引き続き超低金利が必要であるという主張を説明しなければならない課題を複雑にしました。

記事の内容

(ブルームバーグ) – 日本のインフレが7月の中央銀行の目標値である2%を超えてさらに加速し、日本銀行(BOJ)ガバナーである黒子黒子が引き続き超低金利が必要であるという主張を説明しなければならない状況が複雑になりました。

記事の内容

7月の新鮮食品を除いた消費者物価は1年前より2.4%上がった。 結果は、売上高引き上げの影響を除いて、2008年以来最も高い数値でした。 経済学者の見積もりと一致した。

インフレの上昇により、BOJは当分の間、通貨の緩和を撤回し始めるようには思えない。 黒田氏は、現在の商品中心のインフレは一時的なものであり、中央銀行が追求する一種のプラス成長サイクルのためには、より強力な賃金引き上げが必要であると繰り返し述べた。

しかし、経済学者がますます多くの利益がエネルギー価格を超えていることを見ると、利益は政策を変更しない論理を説明しなければならないKurodaに追加の圧力を加える可能性があります。

記事の内容

日本は、他の先進国がインフレを抑えるために積極的に金利を引き上げるにつれて、先進国の間で依然としてアウトライヤです。

ブルームバーグエコノミックスの言葉…

「今後、コアインフレ率は第3四半期と第4四半期に2.5%上昇すると予想しています。 円安は輸入物価を下支えするだろう。 ガソリン価格の上限を目指す政府補助金は、インフレの急速な加速に対応する可能性が高いです。

— アジアエコノミストチーム

完全なレポートを見るにはここをクリックしてください。

物価上昇を制限するための政府の措置により、日本のインフレは他の主要経済国と比較して比較的抑制されています。 岸田文夫首相は9月初めまでに別の措置をとるよう命じた。 7月には1年前より2.6%上がった。

続きを読む:日本のKishidaは、小麦価格の上限を引き続き注文し、より多くの補助金を支払います。

インフレの根本的な強度を監視するために、BOJは新鮮な食品やエネルギーを除く消費者価格も注目しています。 インフレ測定は1.2%に強化され、税引上げ期間を除いて2008年以降最も強力でした。

(レポートから詳細に更新)

READ  新日本製鉄、日本のビジネスパートナートヨタ、特許訴訟

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close