日本のインフレはBOJ決定を控えて予想以上に高まった。

1 min read

(Bloomberg) – 日本の消費者インフレは、中央銀行の政策決定を数時間前に発表したデータから予想を上回り、日本銀行の物価見通しに対する疑問を引き起こしました。

新鮮食品を除いた消費者物価は去る8月前年同期比3.1%上昇し、前月と変動がなかったと総務部が金曜日明らかにした。 エネルギーはより多くの価格を引き上げ、ホテルの料金は価格を高めました。 加工食品コストの増加は引き続きインフレの最大の要因となっています。 アナリストは、これらの数値が3.0%に鈍化すると予想しました。

この広告はまだ読み込まれていませんが、あなたの記事は以下に続きます。

BOJが注目したもう一つの主要指標であるエネルギーと新鮮食品を除いた物価も7月と同じ速度で上昇し、前年比4.3%上昇した。

相変わらずの物価上昇率は、インフレが今年後半にピークに達し、翌年には目標値である2%以下に落ちるというBOJの見解に疑問を提起します。 中央銀行は、現在進行中の非常に簡単なポリシー設定を維持する理由を説明するために価格予測に頼ってきました。

インフレは、BOJが予想していたものよりも粘り強く強力になるにつれて、究極の政策正規化に関する推測が引き続き沸騰しています。 銀行は7月に長期債権利回り上限を効果的に上げ、BOJ観察者を驚かせた。 上田一雄知事の最近の地域新聞発言が正常化疑惑を増幅させている。

それにもかかわらず、BOJ観測者は今日以降も政策設定に変化がないと予想しています。 中央銀行は、インフレが最終的に健全な賃金の上昇とともに持続可能なルートに入っているかどうかについての手がかりを見つけるためにデータを注意深く監視しています。

明治安田研究所のエコノミスト小玉裕一氏は、「食料品の価格は、我々が予想していたよりも長い間上がり続けたため、大きな要因だった」と述べた。 「しかし、今後の価格上昇はより遅いペースで続く可能性が高いです。 見通しが物価上昇の鈍化を指す限り、BOJは現在の緩和措置を維持しなければならないという立場に固執することができます。

この広告はまだ読み込まれていませんが、あなたの記事は以下に続きます。

ブルームバーグ経済が言うこと…

「日本の予想よりも確固たる8月のCPIデータは、需要牽引圧力が持続し、ガソリン価格が上昇し、コスト上昇要因が復活し、インフレがますます硬直していることを示唆しています。 これらの上昇は、低い公益事業費と統計的基礎効果による下落税を相殺しました。

—木村太郎、経済学者

完全なレポートを見るにはここをクリックしてください。

材料、エネルギー、食品の輸入コストの上昇によって引き起こされた現在のインフレは、企業がコストプレッシャーを消費者に転換し、労働者の賃金を引き上げることを可能にしました。 しかし、賃金の引き上げが引き続きインフレに追従し、消費者の消費力に負担をかけているため、移行は完了していません。

今、原油価格の上昇と円の下落はインフレ力学に大きな打撃を与えています。 どちらの現象も輸入品の価格を上げて消費者に打撃を与えるからです。 テイコクデータバンクの報告書によると、9月と10月には6,600以上の食品価格が引き上げられると予想されています。 円はまた、1年前の水準よりも引き続き弱気を見せており、当局が通貨を支えるために市場に介入するようになりました。

この広告はまだ読み込まれていませんが、あなたの記事は以下に続きます。

NLI研究所の斎藤太郎経済研究責任者は「BOJは価格見通しに対する不確実性が高いと言えるが、現時点では根本的な傾向が強いことは疑いの余地がない」と述べた。 「BOJが今日の政策を縮めるとは思わないが、円安の圧力を緩和するために小規模または微妙な措置を取ることもできる」

政府は、インフレの苦痛を緩和するためにガソリン補助金を年末まで延長し、経済支援のための新たな経済対策を設けています。 最近の指標によると、日本の経済成長は、企業と消費者が支出を減らすことによって第2四半期から鈍化しています。

岸田文夫氏は、木曜日にニューヨークを訪問し、家計が「早い」インフレに対処し、賃金引き上げの勢いを高めるのを助けるための新しい経済措置の概要を来週発表するだろうと述べた。 彼は日本の経済状況が依然として不安定だと警告した。 欲求不満の兆候として、首相は記者団に、日本が円の過度の動きに対して措置を取ると述べた。 日本首相が通貨に口頭介入するのは異例だ。

—藤岡とるの助けを借りて。

(報告書、経済学者の意見の詳細に更新)

READ  日本ENEOSがPHからオイル製品を発売
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours