日本のオッペンハイマー:キリアン・マーフィーの映画は公開週末に250万ドルの収益を上げました

Estimated read time 1 min read

オッペンハイマーは、マーゴロビー主演のボビーとの激しい競争にもかかわらず、2023年に目立つ映画の一つとして浮上しました。 この映画はボックスオフィスの記録を破っただけでなく、アカデミー賞13部門候補に上がり、最優秀作品賞を含む7つのオスカー賞を受賞しました。 クリストファー・ノランが監督したこの電気映画は、原子爆弾の父親であるJロバート・オッペンハイマーの人生を探求します。 最近、この映画はトリガー警告とともに日本で公開された。

広島と長崎の爆撃に対する初期の批判にもかかわらず、この映画は肯定的な反応を得ており、アジア諸国での公開週末には250万ドルという印象的な収益を得ました。 これにより、映画の世界的なボックスオフィスの収入は9億6,500万ドルを超えました。 キリアン・マーフィー主演は10億ドルという記録に達しなかったが、オッペンハイマーは驚きのキャリアでダークナイトライズとダークナイトに続いて3番目に高い収益を上げた映画になりました。

日本の一般的なハリウッド配給会社である東宝は、オッペンハイマーの開封を惜しました。 しかし、予期せぬ出来事の転換の中で、Bitters Endは去る12月にこの映画を日本観客に披露する責任を引き受けました。 今回の決定は映画の中の敏感なテーマについて長い議論の末に下した決定だ。 Varietyによると、Bitters Endは以前に寄生虫の発売を管理し、最近アカデミー賞の候補に上がったPerfect Daysを管理しながら、日本で成功した映画を処理した記録を持っています。

ユニバーサルの以前の報告によると、日本でのオッペンハイマーの初期チケットの販売量は、インターステラ、バットマンビギンズ、ダンケルク、ダークナイトなどクリストファーノランの以前の映画を上回った。 ダークナイトライズ、テネットに似ているが、インセプション以下に落ちた。 レオナルド・ディカプリオ主演のこの映画は、驚きの日本で最も高い収益を上げた映画であり、4,200万ドルを稼ぎ、テネットとダンケルクはそれぞれ2,500万ドルと1,480万ドルを稼いだ。

興味深いことに、この電気映画は世界中で11億5千万ドルを突破した2004年「リングの帝王:王の帰還」以来、アカデミー最高賞を受賞した世界最大の収益映画です。

オッペンハイマーは2024年のオスカー賞授賞式で最優秀作品賞を受賞したほか、様々な部門で成功しました。 ナム・ウジュヨン賞はキリアン・マーフィーが、ナム・ウジョヨン賞はロバート・ダウニージュニアが受賞した。 最優秀監督賞はクリストファー・ノラン(Christopher Nolan)が受賞した。レーム(Jennifer Lame)が受賞した。

ディシャ・シャルマ10年近くの経験を持つDishyaは、業界でエンターテイメントを運営しています。

最初に公開された日付: 2024年4月1日、14:38 IST

READ  オールスター展で日本野球歴史展が開かれる
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours