経済

日本のオリンピックの安全保障のバランス法:満足している人はほとんどいない

TOKYO(AP) – 困難を経験している企業がオリンピック競技場周辺で一時的にドアを閉めるしかありませんでした。 オリンピック訪問者は、侵入アプリをインストールして、GPSのトラッキングを可能にするように命令しました。 参加者が一般の日本人と接触したり、寿司を味わうためにレストランを訪問することを防ぐためにホテルを杭打ちするマインド。

日本の大規模なセキュリティデバイスは、オリンピック期間中、日本が世界で最も強力で活気に満ちた民主主義国家の一つではなく、権威主義的な北朝鮮や中国のように見えるという苦情を提出しました。

しかし、ここで多くの人が心配しているのは、ビッグブラザーはありません。 すべての増加された予防措置が日本に入ってくる約85,000人の運動選手、公務員、ジャーナリスト、その他の労働者が既に増加する事例で困難を経験しているワクチン接種を受けていない人口に急速に普及しているコロナウイルスの亜種を導入することを防ぐためにほとんど十分ではないということです。

野党議員の猛佐伯(Takeshi Saiki)は、日本の緩い国境管理について「すべてが名誉システムに基づいており、ジャーナリストや他の参加者がホテルで銀座の食事をしにいくことができるという懸念を呼び起こしている」と述べた。 これまで多くのオリンピック選手と他の参加者は、一般的な検疫要件から免除された。

多くの訪問者を監視する多大な努力がより明確になって開幕式が迫っていることにより、セキュリティが定期的に崩壊した。 日本のマスコミは、オリンピック関係者がコロナ19陽性判定を受けた報道で満ちている。 写真とソーシャルメディアの投稿には、オリンピックに関連する外国人が、マスクルールを破っ公共の場での飲酒をして空港でタバコを吸う姿が出ています。 さらに伝記が正確もデートアプリに公開します。

ください村あやか(Ayaka Shiomura)野党議員は「泡に大きな穴がある」と述べた。

ファンデミクは基本権を保護する必要性と、多くの人が集まるとき繁栄している病気を制御しなければなら国家コマンドの間のバランスを合わせようと努力しながら、全世界の民主主義国家を試験しました。

しかし、7月と8月に東京よりも大きなリスクに直面しての場所はほとんどありません。 オリンピックの強い反対を示して国内調査が繰り返されることをよく知っている政府は、100年に一度だけのファンデミク期間オリンピックを開催しようとするのに十分セキュリティおよび監視措置が重要であると主張します。

しかし、訪問者数が増加し、制限事項がテストされることにより、管理者は、あまりにも多くの仕事をしても少ない仕事をした非難を受けました。

東京大学社会学名誉教授上野千鶴子は、YouTubeで、政府と大会主催者が訪問を「潜在的な犯罪者のように扱っている」と述べた。

また、IOCは、ウイルスの状態にかかわらず、生存に不可欠な数十億ドルのメディアの収益を得るために、オリンピックを開催する必要があるため、日本がこれらの分散に直面しているという感情に対する怒りが残っています。

「オリンピックはIOC事業として開催されます。 登山家である野口健は日刊ゲンダイのオンライン版に「日本人だけでなく、全世界の人々がファンデミクを介して、オリンピックとIOCの本質を見た後、オリンピックに背を向けた」と述べた。

一方、主要な国際メディア会社の上級スポーツの編集者は、主催者側に「参加者と居住者を安全に維持するために必要なもの以上のいくつかの措置を再考することを要請しました。」

日本はファンデミク期間、多くの国よりも過ごしたが、ICU患者でいっぱい溜まりコロナウイルス急増一部の日本の病院が崩壊寸前に入ったか、わずか数ヶ月で、オリンピック選手が到着しています。 急増がやわらいうち、東京に別の緊急事態を宣言するだけのケースが増えています。

最も顕著なセキュリティ上の問題の一つは、先月、日本に到着したウガンダのチーム・メンバーがより伝染性が強いデルタ変種であることが判明したことについて、陽性反応を見せたときに発生しました。 彼は空港から分離されたが、残りの9人で構成されたチームはチャーターバスで500km(300マイル)以上をオリンピック前のキャンプに移動することができました。 自己隔離のために密接接触した7人の時の公務員とドライバー。

金曜日にウガンダのチームメンバーが行方不明になっていオリンピック参加者の監督について、より多くの疑問が提起されました。

次に、オリンピック関連の訪問者が直面する制約事項は何ですか?

日本で最初の14日間の選手村外のオリンピックの訪問者は、公共交通機関の利用やパブ、観光地とほとんどのレストランに行くことが禁止されます。 事実、事前に提出した活動計画書に具体的に記載されていないところは、散歩も行っても近隣のできない。 主催者側で承認されたいくつかの例外があります。 特に指定されたコンビニエンスストア、テイクアウトの場所と、まれに個室があるいくつかのレストランがあります。

毎日コロナウイルスの検査を受ける選手たちは選手村に隔離されて、そこに滞在したり、競技場や練習場で同様にロックされた泡の中に留まるます。 ルールを破る人は、家に送られたり、罰金をくわえゲームに参加する権利を失う可能性があります。

オリンピックと関連するすべての人は、日本に入国する場合は、2つのアプリをインストールする必要があります。 一つは、出入国管理や健康申告アプリであり、他の一つは、Bluetoothを利用した接触者追跡アプリです。 また、感染症や規則違反がある場合、主催者側は、GPSを使用して、スマートフォンを介しての動きと連絡先を監視できるようにすることに同意する必要があります。

武藤都市で組織委員会会長は、「行動を常に監視することはないだろう」と述べた。 「しかし、問題は、活動に問題がある場合、GPS機能がオンになっているので、活動を確認することができるということです。」

日本はまた、場所やホテルのヒューマンモニターを配置する計画だが、どのくらいのはまだ明確ではありません。

「我々は、すべてのアクセスを制御することです。 マルカワ多摩よオリンピック長官は「誰も自由に外出することができないようにするシステムを備えること」と述べた。

民主または独裁的な他の国にもファンデミク期間中の行動と企業を制御し、監視しようと努力しました。

たとえば、米国では、NFLのチームがチームの施設で選手を追跡しました。 韓国保健当局は、潜在的なウイルス感染対象を探して隔離するために、スマートフォン、GPSデータ、クレジットカード取引記録と監視ビデオを積極的に使用していました。 追跡アプリは家に隔離された数千人の個人を監視するために使用されます。

中国では、マスク義務付け、数百万人の自宅隔離、全国的な規模の事例の追跡が反対にほとんど、またはまったく直面していない。 北朝鮮は国境をさらに固く閉めオリンピックをスキップた外交官、救援活動や外部ジャーナリストのアクセスをキャンセルしたり、真剣に縮小しました。

日本のセキュリティ制限は、訪問者に面倒になることがありますが、地元にも大きな打撃を与えることができます。

フェンシング講師の加藤浩(Kato Hiroshi)は、7月1日から9月19日までのオリンピック主競技場の向かいにある、自分が働く建物から移動するように命令を受けたため、ファンデミク期間より多くのビジネスを失う心配すると述べた。 不特定のセキュリティ上の理由から。

彼はインタビューで、「私は無力感を感じる。 「オリンピックを安全に保持するために、いくつかの制限事項は、理解することができますが(主催側は)長い間、これを知っていた、おそらく私たちに少しの助けを与えることができたのです。」

___

韓国ソウルのギムドンヒョン記者と東京の小宮カンタロがこのレポートに寄稿しました。

READ  楽天、日本の郵便局との資本提携を見

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close