経済

日本のオリンピックアドバイザー、選手たちにCOVID-19ワクチンのオプションを促し

日本のオリンピック委員会の保健顧問は火曜日に選手たちがCOVID-19ワクチンを迎えることができる選択を持たなければならないと言いました。

日本は6月末までにすべてのオリンピック選手たちにワクチン接種を検討しているという報道を棄却した。この考えが、残りの人口のための遅いワクチン発売中で、ソーシャルメディアの騒ぎを呼んだ。

しかし、火曜日に岡部信彦顧問はロイター通信に、ワクチンが義務ではないが、ワクチンを希望する選手たちが利用することが必要だと述べた。 Okabeは、2009年H1N1発生に対する日本の対応をご案内してCOVID-19対応について助言した伝染病の専門家です。

世界保健機関(WHO)のリーダーの役割を引き受けた岡部は「特に運動選手のために、予防接種をお勧めしなければならないと思う」と語った。

彼の健康や宗教上の理由個別の選手たちがワクチンを拒否する選択を「尊重しなければならない」と述べた。

日本では約110万人の医療従事者が、少なくとも最初の接種を受けた。

Inc-BioNTechのワクチン。

この国のかなりの高齢者人口の予防接種が月曜日に開始されたが、一部の専門家は、限られた供給のために夏の終わり、あるいは冬まで一般人のための注射が提供されない場合があると警告します。

川崎市の公衆衛生研究所長岡部氏はまた、日本の医薬品と医薬品関連商品化およびライセンス障害の伝染病のような健康危機への対応を遅らせることができますので、まだ “大きな問題だ」と述べた。

日本はこれまでCOVID-19ワクチンを1つだけ許可し、1億2600万の人口の約0.9%がCOVID-19ワクチンを1回以上ヒットが、韓国の2.2%、米国の36%に比べてロイタートラッカー。

READ  知事はCOVIDの継続的な境界要求

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close