スポーツ

日本のオリンピック長官、2020東京代表候補として優遇

ファイル写真:橋本セイコー、日本オリンピック長官が2019年9月11日、日本の東京にある安倍晋三首相官邸で記者会見に出席しています。 ロイタース/加藤イッセイ

NHK公営放送NHKはオリンピックの聖火の名前を冠した橋本セイコー、日本オリンピック首相が前任者が性差別的な発言で辞めた後、東京2020組織委員会を買収するために推奨される候補と述べた。

先週、森喜朗が委員長に辞任した後、女性の話が多すぎて、オリンピックに最近打撃を負わせたコロナウイルス感染症の期間中、前例のない遅延と強力な大衆逆すでに打撃を受けた。

パネルは橋本にその場を取るか、水をとNHKは言った。

政府のスポークスマンである加藤ガッツノブ内閣事務総長は「この報告書は、知っているが委員会は、自主的に決定を下す独立人気区」と述べた。

日本が1964年夏季五輪を開催する数日前に生まれた橋本はスピードスケーターで冬季オリンピック4回、サイクリストで夏季オリンピック3回に参加しました。

日本の与党の56歳の議員である橋本は、2019年からオリンピック長官を務め、女性許可長官に二倍にしました。

橋本は、以前に自分が2020年の仕事を頼まれていないと述べた。 NHKは言った。 彼女が今受け入れた場合、組織委員会は、問題を完了するために「早く今週「理事会を開催することが期待される。

東京2020は、声明の中で「昨日の最初の会議で委員会は、新大統領に求められる資質を管理する5つの基準に合意した。 すべての委員が出席した今日のセッションでは、5つの基準を参考にして、特定の候補者を議論しました。」

新会長が発表されると、選択プロセスを説明し、3次会は木曜日に開かれる予定である。

新しいリーダーの基準は、男女平等と多様性への深い理解とオリンピック期間中、これらの値を達成することができる能力を含むと、主催者は、火曜日の声明で明らかにした。

MORI、別の挫折

森前首相(83歳)は、オリンピック委員会の会議で、女性があまりにも多くの話と言いながら先週の金曜日辞任した。 彼は最初に退くという要求を拒否しました。

また、森が84歳のオリンピック村の市場である川淵三郎(Saburo Kawabuchi)の年配の男にその仕事を引き受けてほしいと要請し報道について怒りました。 しかし、金曜日までKawabuchiはそれを拒絶したとマスコミに報道された。

国際オリンピック委員会は、当時のオリンピック開催に専念しており、森の後継者と協力すると発表した。

ゲームは7月23日に開始される予定です。

主催者側は、伝染病にもかかわらず、オリンピックを進めすると誓っており、世論調査によると、日本人の大多数が今年のイベントを開催することに反対することで継続的に示している。

次を読む

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

購読 よりお問い合わせ The Philippine Daily Inquirer、その他の70以上のタイトルにアクセスして、最大5つのガジェットを共有し、ニュースを聞いて、午前4時にダウンロードして、ソーシャルメディアの記事を共有することができます。 896 6000に電話してください。

フィードバック、苦情やお問い合わせは、 お問い合わせください。

READ  Kereviは、日本のトップリーグでそれを殺し

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close