日本のカット映画祭スクリーンを振り返るアニメ映画、青い時代の実写脚色

1 min read

Japan Societyは、今後のJapan Cuts:Festival of New Japan Filmイベントの映画公開スケジュールを発表しました。 振り返る そして実写脚色 ブルー期間

振り返る — アニメ映画の脚色 藤本達樹の同名漫画 — 2024年7月14日、ジャパンカットで東海岸初演を披露する予定です。 2024年6月28日午後1時30分(EST)日本で初演されてから2週間後です。

一方、実写映画化は ブルー期間 は2024年7月13日映画祭で国際初演された後、2024年8月9日午後3時(EST)日本劇場で上映される予定です。

Japan Cutsではベテランアニメ監督のアメリカ初演も披露する予定です。 リンタロ10年ぶりに初新作 ねずみこじじろきち — 1930年代の先駆的な監督の姿を描いた無声短編映画 山中さだお と協力して 大友勝広牧太郎そして 丸山正雄。 この映画はフェスティバルショートカットプログラム2の一環として、2024年7月20日午前11時(EST)に上映されます。

フェスティバルで紹介される他の映画は次のとおりです。

ボトルジョージ

日付:2024年7月13日

時間:午前11時(EST)(ショートカットプログラム1の一部)

説明:

西野明広の心から大きなメッセージを収めた短編映画が誕生しました。 驚くほど美しいストップモーションアニメーションを介して配信されるボトルジョージは、中毒、アルコールに閉じ込められたときに失われること、そして自由になることができる希望のたとえ話です。

角野栄子の多彩な人生:内面の魔法を求めて(国際初演)

日付:2024年7月21日

時間:午前11時(EST)

説明:

「キキ配達員」作家として最もよく知られているおとぎ話作家のエネルギーあふれるドキュメンタリー。 カドノの作品は16カ国で出版され、何世代にもわたってインスピレーションを受けており、88歳の時も作家は衰退する兆しを見せません。

シンゴジラ:正色(国際初演)

日時:2024年7月14日午後9時(EST)および2024年7月21日午後8時30分(EST)

説明:

杏野秀明と樋口真司の21世紀の傑作が驚くべき白黒版に生まれ変わりました。 ORTHOchromaticは、より鮮明なコントラストとより明確な黒色を特徴とするモノクロタイプの正色モノクロでレンダリングし、映画の視覚効果に新しい次元を追加します。 その結果は畏敬の念を起こし、以前は見られなかった神ゴジラをもたらします。

どちらもチケット ブルー期間振り返るそして他の多くの映画は現在日本社会のウェブサイトで見ることができます。 ジャパンカットホームページ 日本ソサエティ会員のための資料です。 一般大衆のためのチケットは2024年6月20日に発売されます。

Japan Cutsは2024年7月10日から2024年7月21日までニューヨークで開催されます。 北米最大規模の映画祭の一つであり、12日にかけて主要ブロックバスター、インディー映画、最新映画など30本以上の映画を披露する予定です。 新進映画メーカー、復元、ドキュメンタリー、実験と短編映画、アニメーション。


源泉:プレスリリース

週刊チャートとアニメーションニュースで最新情報を入手してください。 週間ニュースレターを購読する 詳細については。

READ  ハリースタイルの有名な南京錠の後ろにあるヘアスタイルリスト綾江山本に会いましょう(独占)
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours