エンターテインメント

日本のカンT-9、リーダー後、3

インドのゴルファーRahil Gangjeeは第2ラウンドで偶数パー72で見事に走っここで切られたCrownsトーナメントでトップ10にとどまった。

彼は現在、4アンダーの3位にあり、9位です。

木曜日の天気悪天候により1ラウンドがキャンセルされた後、トーナメントが54時間に短縮されました。

第1ラウンドで4アンダーを撃ったカンは10回ティーから始め、最初の10ホールを敗れた。 彼は2位バーディーをしたが、3位と7位を見る限りし9日にバーディーで一日を終えた。 彼は31人のタイトルを持つベテランShingo Katayamaを含む5人の選手のグループの後に4アンダーと3人の遅れている。

初日64打を記録したオーバーナイトリーダー金谷巧は1オーバー72を加えて、現在、5アンダー2位を記録した。

カンは彼の戯曲に満足して、「最初の9日は普通の日だった。 澄んだ風が少ないがバディ一、二回にパッティングを数回行うことができました。 天気が変わり、2回目9に来たとき、風がたくさん吹いて寒かったです。 ” “今日のドライバーをよく打ちアイアンは、平均レベルでした。 しかし、私はグリーンの速度をとるように見えた」」と付け加えた。

片山と他の二人の経験豊かなスター宮本勝正と忠洋高山が7アンダーで朝地よスカとソンヨウンハンと先頭を走っている。

土曜日には、天気が戻って試合に影響を及ぼし歳のグループは、第2ラウンドを完了しました。 彼らは日曜日にそれを完了することです。

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  ハロウィーン "渋谷に来ること自制を」区長が異例訴え| 新型コロナウイルス| NHKニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close