経済

日本のカーボンニュートラル将来の水素の役割

神戸施工時液化水素の受信端末

私たち地球のカーボンニュートラルの将来の明確な視野を得るために、日本にあるのが役立ちます。

気候変動に対処するための再生可能エネルギーの努力が世界的に増加するにつれて、日本の2050年までにカーボンニュートラルという積極的な目標は、革新的なアイデアと技術を実装するために全面的な努力を傾けています。 これらのリソースのいずれかは、その可能性を完全に表しています。 まさに水素です。

グリーン成長戦略

2020年10月、日本政府は、2050年までにカーボンニュートラル脱炭素社会の実現を目指し宣言しました。これを考慮して、経済産業省(METI)は、総合的な産業政策的なグリーン成長戦略を策定しました。 日本の温室効果ガスの排出量を大幅に削減し、世界的に緑の産業をリードするための研究開発を推進しています。

METIは、次の3つの主要なカテゴリの中で14個の成長部門のグリーン成長戦略を策定します。

  • 輸送、製造: モビリティとバッテリー; 半導体と情報通信技術(ICT); 海上; 物流、人材の流れとインフラ; 食品、農業、林業および漁業; 飛行; と炭素リサイクル
  • 家庭やオフィス: 住宅や建物; 資源循環; ライフスタイル関連産業
  • エネルギー: 洋上風力; 燃料アンモニア; 原子力; そして水素

水素:最新のクリーンエネルギー

この14個のグリーン成長分野のうち、特に、日本の外で最も未開拓分野の一つは、水素であることがあります。

日本企業は、水素タービン燃焼技術の分野で世界をリードして、この元素を日本クリーンエネルギーポートフォリオの浮かぶコンポーネントとして作成しています。 COを排出しないクリーンエネルギーである水素のための世界の先駆者として、日本の評判を裏付ける重要な同人2– 日本の神戸に本社を置くKHI(Kawasaki Heavy Industries)は、アジアで液化天然ガス(LNG)の効率的な大規模なストレージおよび輸送の分野の先駆者です。

水素は、歴史的に、大量の保存と長距離輸送が困難であることを証明しました。 しかし、独自の液化システムと水素革新の進歩のKHIはそれを変えています。

液化および分布 科学技術

1981年KHIはLNG船を生産する最初のアジアの企業となりました。 このマイルストーンの後に会社は海上輸送のための極低温技術のリーダーとなりました。

1983年以来、同社はJAXA Tanegashima Space Centerのロケット発射現場施設で液化水素貯蔵タンクを開発、製造、運営しています。

これらの技術革新は、海上を長距離にわたって液化水素を大量に安全に輸送することができるようになります。 2019年KHIは 数イソフロンティア、世界初の液化水素運搬体として、独自の極低温技術を使用して水素を元気体の状態体積の1/800である-423℉(-253℃)に維持します。

の主なメンバーとして CO2– 無料水素エネルギーサプライチェーン技術研究協会 (HySTRA)、KHIは、大規模な貯蔵施設で液化水素をアンロードする建物工程にも参加しています。

日本の新エネルギー産業技術開発機構(NEDO)は、研究開発のための国家資金支援機関であるHySTRAプログラム(未使用褐炭から派生した大量の水素海上輸送サプライチェーン構築実証プロジェクト)をFY2015からFY2020までサポートしました。 2030年頃の商用化を目指し水素サプライチェーンの構築試験デモを開始しています。

NEDOは、「液化水素輸送および貯蔵装置の大型化や収容基地開発」のためにFY2019からKHIに補助金を支給した。

今日と明日の水素

水素は、グリーン成長の未来あるだけでなく、現在も象徴します。

2018年には、神戸は世界初の完全水素駆動ガスタービンを使用した都市部となり、KHIとObayashi Corp. などと協力して、水素動力蒸気熱と電気を4つの施設に供給するためのテストを行いました。 1)神戸市メディカルセンター総合病院、2)神戸ポートアイランドスポーツセンター、3)神戸国際展示場、4)ポートアイランド下水処理場。

水素の清潔さと安全に関する公共教育キャンペーンは、住民がこの実験のエネルギー源の不快感や気にせず、日常を営むことができることを理解するのに役立ちました。

Hydrogenの次の応用分野は、大型トラック、バス、船舶、列車に電力を供給して、次の開発段階で、より広い電力網に電力を供給することです。 日本の水素戦略は、2030年を目標に液化水素サプライチェーンを商用化して電力分野に水素を使用します。

世界のタービン市場が2050年までに約2,200億ドル(23兆円)にこのをすると予想されることによってMETIは日本が水素を主導すると予想して、水素の国際貿易は年間約520億ドル(5兆5千億円)このをすると予想します。

カーボンニュートラルの未来に参加

COに2 温室効果ガスの排出量の80%以上を占める日本は、水素とその他のグリーン成長戦略部門を通じて社会経済構造、産業構造やビジネスモデルの持続可能な未来のための変更の重要性を認識しています。

今日の日本は、10年の間に米188億ドル(2兆円)の緑の技術革新基金を通じて税制上の優遇や研究開発資金を提供することで、グリーン成長戦略に定義された14個の成長部門に企業の投資と技術革新を集めています。 日本の立法府である国会では、成長志向の規制措置を審議しています。

2021年1月末までに、日本の70以上の企業がカーボンニュートラルを宣言しました。 企業が日本のカーボンニュートラル、将来的に参加する時された。

グリーン成長戦略についての詳細をご覧ください。 

HySTRAについての詳細をご覧ください。

川崎重工業の水素技術の詳細についてはこちらをご覧ください。

READ  日本経済が2022年の流行以前の水準に回復するだろうと、日本の銀行のKurodaは言う

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close