経済

日本のガソリンスタンド運営者Idemitsuが電気自動車レースに参加して

TOKYO-日本の石油会社であるIdemitsu KosanはレーシングカーメーカーであるTajima Motorとのパートナーシップを結び、今年初めの電気自動車市場に進出して1万円($ 9,500)以下の自動車とカーシェアリングサービスを提供することを目的としています。

これは日本政府が昨年末2030年代半ばまでに日本の自動車を完全電気に変換するという目標を発表した後、初めて非自動車メーカーが電気自動車に飛び込みました。

アメリカの高級電気自動車メーカーであるテスラは、自動車市場を開拓したが、最近4500ドル程度の安価な代替が中国を襲った。 市場はまた、長距離旅行のために設計されたいくつかのモデルとショッピングのような日常的な家事を狙った他のモデルにさらに細分化され、新しい企業のためのより多くのエントリポイントを作成します。

Idemitsu Kosan-Tajima合弁会社は、早ければ今年の秋から静岡県のレースカーメーカーの現場での電気自動車を生産し始めます。 大量生産が進行すると、専用の施設が建設されます。

超小型車両は長さ2.5m、幅1.3mで乗客4人を収容することができます。 昨年成立した改正された法律は、小型車両を公道で運転できるようにします。 この車両は、最大60km / hの速度を誇り、滑り止めのような安全機能を備えています。 100万円〜150万円の間の価格です。

本体はIdemitsuが石油化学分野の専門知識を使用して開発した高性能プラスチックで構成されています。 電力は社外から購入リチウムイオン電池で生産されます。 家庭用コンセント充電に使用することができ、約8時間かかります。 巡航範囲は100kmであるため、地元のスーパーマーケット旅行などの作業に最適です。 電気自動車は、特に新しいドライバーや高齢者に適しています。

出光は、全国6,400のガソリンスタンドで車を販売する予定であり、カーシェアリングのサービスとメンテナンスも提供する予定である。 同社は、長期的にガソリンの需要が減少すると予想しており、成長のEV市場を活用して、ガソリンスタンドの新たな役割を見つけることを希望します。

既存のガソリン車とは異なり、電気自動車は、組み立てが簡単で、非自動車メーカーが事業に進出する機会を提供しています。 トヨタ自動車は、昨年末からの企業と政府機関の顧客を対象に、165万円に、独自の電気自動車の販売を開始しました。 来年には個人的な販売を拡大する計画である。

READ  日本の高級温泉リゾート運営者が米国の位置を注視しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close